浮気の無料相談を上手に利用する3つの方法【3】

5086748732_9072b96422

*こちらの記事を先にお読みください。

浮気の無料相談を上手に利用する3つの方法【1】
:まとめておくべき内容について。確認すべきことが明確になります。

浮気の無料相談を上手に利用する3つの方法【2】
:浮気調査にかける費用を減らすことができます。

無料相談では、浮気や浮気調査の費用について相談できるだけでなく、もうひとつ重要なポイントについても確認することができます。 「浮気の無料相談を上手に利用する3つの方法」、最後の1つをご説明します。


どんな探偵事務所であるかを確かめる
無料相談で直接的なやり取りを行うと、ホームページだけではわからない「雰囲気」をつかむことができます。これが無料相談を利用して確認して欲しい最後の重要な点です。「無料だから適当」というのでは問題外です。 無料だからこそどれほどの対応をしてくれるのか、しっかり確認しましょう。


1.相談員が十分な知識を持っているか

相談員やカウンセラー、窓口担当者は、初めて接する顧客の相手をする人であり、その探偵事務所や興信所の看板のような役割を果たします。質問に答えられるだけの知識も十分でなけれなならず、あまりにも「確認しますのでお待ちください」「別の者に変わりますのでお待ちください」ということが繰り返されるのであれば、その探偵事務所や興信所の内部でしっかりと知識の共有ができていないということになります。

ひとつの事務所にひとりだけよい探偵がいるのでは、十分な浮気調査はできません。スタッフ内で知識を共有し、役割別に十分教育されていなければ、解決できる依頼はぐっと減ってしまうでしょう。


2.聞き手として十分な対応であるか

探偵事務所や興信所の特徴やサービスについて十分に説明できるのが大前提としても、あなたの話を聞かず押し付けばかりの話をするところは、本契約に至ってもやはり同じように事務所側の意見を押し付けてばかりいる可能性があります。

あなたの話を丁寧に聞き、いろいろな情報を得ようとする態度であるかどうかも意識して話してみましょう。メディアにもよく登場している、どれくらいの実績がある、ということは、「宣伝・売り込み」であって「相談」ではありません。


3.調査費用の説明をしない

もし調査を依頼することになった場合、どれほどの調査費用になるかというのは、誰もが確認したいことです。あなたから得た情報から、相談員はだいたいの金額を提示するべきなのですが、「これだけではわからない」「まずは事務所に来て欲しい」と費用についての言及を避ける探偵事務所はまず避けたほうがよいでしょう。

しかし、金額は言うものの詳細を言わず、「そのケースでは100万円かかります」など、最終的な金額ばかりを強調する探偵事務所もやはり違和感があります。日数、時間、調査員の数、その他の経費、同じようなケースでの費用例など、見積もりの詳細に触れる説明が重要です。


「無料相談」で探偵事務所の比較をしよう
無料相談は必ず複数の探偵事務所、興信所のものを利用するようにしましょう。1ヶ所だけでは比較することができないためです。できれば3社ほどの無料相談を利用し、自分の依頼がどのように受け止められるか、金額はどれほどになると考えられるのかを比べた上で、納得のいく探偵事務所、興信所を選ぶようにしましょう。

インターネットなどでも情報を集めることはできますが、最も有力な情報とは「自分で体験して確認した情報」なのです。相談してみた後で、少しでもあなたの悩みが軽くなったかどうか、解決策に近づけたかどうか・・・など、じっくり考えてみて下さいね。













おすすめ探偵・興信所 -厳選3社-