知って得する探偵業法の全て【その3】

フリー 女性 桜
【その2】に引き続き、探偵業法についてお話していきます。今回で最後です。参考にされてください。


探偵業務の実施に関する規制
探偵業者は、調査の結果が犯罪行為、違法な差別的取り扱いその他の違法な行為のために使われるということを知ったときは、探偵業務を行ってはならない。 

探偵業者は、業務を探偵業者以外の者に委託してはならない。 


秘密の保持
探偵業者の業務に従事する者は、その業務上知り得た人の秘密を漏らしてはならない。探偵業者の業務に従事する者でなくなった後においても、同様とする。 

探偵業者は、探偵業務に関して作成し、または取得した文章、写真その他の資料(一般的にう報告書)について、不正または不当な利用で使用されることを防止するために、必要な措置をとらなければならない。 


教育
探偵業者は、従業者に対し、探偵業務を適正に実施させるため、必要な教育を行わなければならない。


名簿の備付け
探偵業者は、内閣府令で定めるところにより、営業所ごとに従業者の名簿をつけて、必要な事項を書かなければならない。


報告及び立入検査
公安委員会は、必要が生じれば、探偵業者に対し、その業務の状況に関し報告もしくは資料の提出を求めることが出来る。または警察職員に探偵業者の営業所に立ち入り、業務の状況もしくは帳簿、書類その他の物件を検査させ、質問させることが出来る。


指示
公安委員会は、探偵業者がこの法律または探偵業務に関し他の法令に違反した場合、探偵業の業務の適正な運営が害されるおそれがあると認められたときは、探偵業者に対し、必要な措置をとることを指示することができる。 


営業の停止
公安委員会は、探偵業者等がこの法律もしくは探偵業務に関し他の法令の規定に違反した場合や、探偵業の業務の適正な運営が著しく害されるおそれがあると認められるとき、または前条の規定による指示に違反したときは、探偵業者に対し、営業所における探偵業について、六ヶ月以内の期間全てまたは一部の停止を命ずることができる。


罰則
無届出で探偵業を行った者・名義貸しをした者は6月以下の懲役又は30万円以下の罰金に処されます。
開始届出書又は添付書類に虚偽の記載をしてこれを提出した者は30万円以下の罰金となります。


最後に
探偵業法について、原文のままでなく、噛み砕き説明させて頂きました。

知らなければ損をすることがたくさんあります。探偵に頼んでみようかな…と思った方は一度、目を通してみると、悪徳業者に出会わずに済むはずです。参考にされてください。

おすすめ探偵・興信所 -厳選3社-