コラム

浮気した相手を信頼できなくなってしまった人への処方箋

2940578900_436fe589c8

「一度浮気をした相手を許せなくなってしまった」という相談をいただくことがあります。そして、そういった相手にまた不審な点があると疑っていらっしゃることも多いものです。

そこでいろいろとお話を伺ってみると、「怪しいと思われる事実」より、ご本人の不安のほうがずっと大きく、むしろそのことで思い悩んでいる方のほうが多いのではないかと思います。

以前には特に怪しいと思わなかったことも、怪しく見えてしまうのです。

中には「もう諦めたほうがいいのかもしれない」と言う方もいますが、諦めていれば探偵に相談などしません。どこかで何とかしたいという気持ちが、不安な気持ちを抱かせたり、相談という行動を起こさせているのです。これからもなんとか一緒にやっていこうと努力を重ねなければならなくなってしまう。重ねても、こころのどこかでずっと残ってしまう。浮気という行為の罪深さを感じずにはいられません。

相手を疑ってしまい落ち着かない、夫・妻と前のような生活に戻ることができない。そんなふうに悩む方々に、私なりの考え方をお伝えしようと思います。少しでもお役に立てればと思います。 


「忘れなさい」という言葉は逆にあなたを傷つける
あなたを励ますために言うことばかもしれません。しかし「忘れなさい」「忘れたほうがいい」という言葉は、あなた自身を傷つけているかもしれません。忘れられるようなできごとではないのに、それにこだわる自分自身に問題があるような気持ちになってしまうのです。

浮気は信頼の裏切りですから、忘れられるわけがありません。そのような言葉を真正面から受け止めることのないようにしましょう。同じ経験をしたことがある人であれば、このようなことは言いません。しかし、声をかけてくれた人は決してあなたを傷つけるつもりもなく、むしろ励まそうとしようとしてくれています。その気持ちだけ受け止めましょう。

忘れることができないあなたにできることは、「分析」です。なぜこんなことが起こったのか?どんな条件が揃い、浮気に結びついてしまったのか。考えれば考えるだけ辛いという時期もありますから、決して無理はしないでください。他のことで気を紛らわせていればなんとかなる・・・というのであれば、辛い記憶を無理やり呼び起こす必要もありません。

しかし、いつも心にしこりのように残ってしまっているのであれば、向き合って考えるほうがずっと消化しやすくなります。そのときと今と、同じ環境でしょうか。同じ条件でしょうか。あなたや相手に変化はないでしょうか。それらの変化が「同じ過ちを犯さない」という決意からくるものである、ということも、十分考えてみてください。


つい携帯をチェックしてしまうのをやめる
携帯から浮気が判明した場合、その後も浮気調査をしてしまうと悩む方もいます。携帯を見るのをやめられない、と悩む方もいます。まず、これからやめるようにしましょう。・・・と言って辞められたら苦労しませんね。

携帯を見ることで不安な気持ちが治まるというのであれば、見た方がよいかもしれません。しかし、持ち主の許可なく見るのはやはり問題ですので、必ず見てもいいか確認するようにしましょう。そのためには十分な話し合いが必要です。人によっては「自分のことが信頼できないのか」と怒り出すことでしょう。

しかし、その通りなのです。信頼できないから見たくなってしまうのです。
ですが、それを言えば相手は謝るしか方法がありません。できれば、次のように話をし、携帯を自由に見る許可を得てください。


・これまでの話し合いを通じて信頼したいと頭では思っているが、心がついていかない。
・携帯を見たいと中毒のように思ってしまい、見れば心が落ち着く。
・自分の携帯も見てもらって構わないので、あなたの携帯を見る権利が欲しい。


関係を再構築しようと考えている相手であれば、わかってくれるはずです。もともとの原因を作ったのは相手なのですから。

最後の「自分の携帯もみていいから」というのは必要な交換条件です。もしそれができないのであれば、なぜできないのかを考えてみてください。別に浮気や悪いことをしていないのに携帯を見て欲しくないというのは、普通の感覚です。それを譲歩して見せてもらうわけですから、あなたも同じ感覚を味わって初めて自分がやっていることの意味がわかると思います。


客観的な立場で判断できる人に相談する
今もまた浮気しているのではないか?いつかまた浮気するのではないか?

考えてしまうことはしかたのないことですが、相手の変わり方や行動を客観的に判断してもらい、「可能性はかなり低い」と言われればずいぶん安心するはずです。このようなことにも探偵を利用していただきたいと思います。ただし、「では調査してみましょうか」と調査の契約を急がせたり何度も調査したほうがよいというような探偵はやめてくださいね

最近では、関係の再構築について相談できるカウンセリング窓口がある探偵事務所も増えてきました。
【離婚はしたくない人へ、探偵社の「カウンセリング」とは】もご一読ください。

相談相手は友達や親でもいいのですが、やはりあなたの目線に近い考え方になっています。それを聞いて「その通りだ」とあなたが心から賛同できればいいのですが、あなたも心のどこかで「この人は私の味方だからそういうふうに言ってくれるんだ」と思ってしまうのです。

納得できずにまた別の友人に相談したり、繰り返し同じことを聞いてしまったりしてはいませんか?「都合のいいことだけを信じる」ことができればよいのですが、浮気された経験を通じてそれもできなくなっているのではないかと思います。


次の浮気こそあなたの決断が必要なとき
「また浮気されたらどうしよう」と考えるのは、もし次の浮気があった時、あなた自身がどうするべきかを決めることができていないということだと思います。しかし、本当に再び浮気が繰り返されたときのことは考えておかなくてはなりません。

次の浮気があったらどうしますか?

その時こそ、あなたの決断力が必要です。1回だからこそ再構築することができると考えられたのかもしれません。2回目ということになれば、再構築を考えるのはずっと難しくなります。離婚に反対していた人も別の考え方に変わるかもしれません。

再び浮気がある前提で生活するのは悲しいことだと思われるかもしれませんが、その時あなたがどうするかを決めることでひとつの「仮のゴール」ができあがります。2度目浮気がなければ到達しないゴールです。永遠に到着することはない可能性もあるわけです。ですからあくまで仮のものですが、それでも考えてみてください。再び信頼し合う夫婦になれれば、「別のゴール=目標達成」です。もう仮のゴールは必要ありません。

あなた自身が仮のゴールを設定することで、「どうしよう」というふわふわとした気持ちが落ち着くのではないでしょうか。「そうなってみなければわからない」のでは、2回目の浮気を恐れるだけで相手を信頼することもできず、相手の決定に依存した関係になってしまうのではないか・・・と、私は考えています。

一度浮気をした相手を信頼し、関係を再構築するには、相手の協力・努力が不可欠です。一人ではなかなか解決できない問題であるということを、おふたりでよく話し合っていただきたいと思います。








夫に浮気の疑いがあるときに行うべき3つのこと

419896147_87ed1411e9

夫が浮気をしているかもしれない?と疑いを持ったとき、妻はまずどのように対処すべきなのでしょうか?

まさか、と思う反面いろいろなことが「あれは浮気をしていたからに違いない」と繋がってしまい、心中穏やかでなくなるのはしかたのないことです。しかし、「いきなり浮気をしているか尋ねてみる」のはやはり適当ではなく、おすすめできないと思います。

夫に浮気の疑いがあるときに行って欲しいことを3つ、ご説明したいと思います。


1.疑惑のある点を書き出し、反省してみる。

まずは頭の中の整理が必要です。整理するためにも、思ったこと・考えたことをメモしてみましょう。最初に浮気の疑いを持ったのはどんなことか。なぜ浮気だと思うのか。 疑いの程度は関係なくすべて書き出します。コレは浮気じゃないかもしれないけれど・・・という部分もとりあえずは書き出してみましょう。

ある程度書き出したら、その中から「浮気ではなくてもありうること」を消していきます。例えば、浮気ではなくても夜電話が繋がらないことはあります。その頻度の問題もあります。ご自身の感覚で、これくらいは違うかも?ということは線で消していきましょう。

書いていくうちに、「普通に会話していればわかること」がいくつか出てくるのに気付きます。本来の自分、あるいは少し前の自分であれば知っていておかしくない夫の事情はありませんか?夜遅いのも本当は「最近どうして遅いの?」と聞けばよいことです。ただ聞くきっかけがなかったり、聞かなくてもいいだろうとほおっておいたことがあると思います。

そんなふうにして、あなた自身にも反省すべき点がでてくると思います。夫に対して「悪いことなど何もしなかったのに」というのは、「何もしなかったこと」そのものに問題があるかもしれないのです。浮気は一方だけが原因であることもありますが、多くは夫婦間に何か問題があって起こるものだというように考えてみて下さい。


2.問い詰めたり尋ねたりしない。

例えば、ラブホテルのマッチなどを見つけてしまったら、かなり確定的な証拠となります。しかし、いきなりそれを夫に見せて問い詰める、何があったのが尋ねるというのはおすすめできない方法です。浮気の疑いを持ってしばらくは、あなたの気持ちも定めるべきときですので、夫に聞くよりは自分自身に「もし夫が浮気をしていたらどうするのか」と尋ねるようにしてください。

もし離婚したくないのであれば、今の夫婦関係を浮気させないまでに修復する必要があります。夫は、証拠がみつかったからといって浮気をやめるわけではありません。その証拠により浮気が判明し、あなたが困る対応をするようになったから浮気をやめるのです。「妻がひどく怒ったから浮気をやめる」のであれば、まだまだ十分に修復は可能です。あなたや家族のことを思えばこその行動が「浮気をやめる」ということに繋がっています。

もし浮気をしていたら離婚したいという場合には、もしかすると浮気以外にも普段から夫に不満な点があるのかもしれません。「家庭を顧みない」ということかもしれませんし、「家事や育児に協力的でない」ということかもしれません。やりがちなのはそれらの原因をすべて「浮気をしていたから」と決め付けることです。

しかし、浮気は原因よりも、むしろ結果として起こることです。しかし、離婚するには浮気を原因とするほうがずっとあなたに有利になりますので、証拠集め、離婚の準備のほうが優先されることになります。


3.「なかったことにする」を目標としない

「自分さえ見なかったことにすれば」という気持ちでいると、結局のところ夫婦関係はいつか壊れるものになってしまいます。浮気を心の底から許すのは非常に難しく、謝罪があるかないかだけでも相当違うのです。浮気だと確定でき、あらゆる準備が整った時点で話し合いをもつことを目標に、落ち着いて動くようにしましょう。少なからず、疑いが本当であるかどうかご自身での浮気調査が必要です。

ご自身だけで調査してみるのが難しければ、絶対的に信頼の置けるご友人に話しを聞いてもらったり、協力してもらうのもよいでしょう。ただし、相談相手が異性であると逆にあらぬ疑惑を持たれる可能性もありますので、できる限り同姓のご友人がいいですね。

親や兄弟の場合は、「あくまでもあなたの意思に基づいて行動してくれる人」であれば相談してみて下さい。場合によっては怒りに任せて夫の両親に話すなど、話が無駄に大きくなってしまう場合もあります。慎重に相談者を選んで下さい。なかなかまわりに相談者がいない場合には、探偵事務所や興信所を頼るのもよいでしょう。

「夫に情報が漏れない」という意味では、インターネットの掲示板などで相談をしてみるのもいいのですが、不特定多数の人にあなたの情報を漏らすのは大変危険なことです。どこまで情報を開示した上で相談をするかよく考えてからにしましょう。ある程度開示しなければ相談そのものに意味がありません。ですが、すべてを教えたところであなたと夫の関係や性格までもを組み入れて考えられる人は誰もいません。

自分が冷静になるために、勉強するために、という目的でインターネット上の相談掲示板を使うのはよいですが、最終的な決断を下すのは自分自身と夫であることを忘れないようにしてください。




浮気の報復を探偵に依頼できるのか

4142174602_1016ca3618


浮気をされた方の相談に乗ると、「報復したい」という言葉をよく聞きます。「報復」という言葉はとても恐ろしげな印象がありますが、今までの愛情が裏切られたわけであり、その気持ちはよくわかります。

そのため、私は「報復・復讐したいなどと言ってはいけない」というような言い方はしないようにしています。言いたくもなって当然だからです。

本日は「浮気の報復」について、探偵としてどう考えるかをお話したいと思います。


「浮気の報復」は「自分も浮気をすること」ではない


では、冒頭のお話に戻りましょう。

私は「報復をしたい」と考える相談者に、「では、どんな形で報復したいですか?」と聞くようにしています。中にはとても具体的な「報復案」とも言うべきプランを話してくれる方もいますが、ごく少数です。殆どの方は「よくわからないけれど、同じ気持ちを味わわせたい」というようなことを言います。

あなたはどうでしょうか?
もし夫・妻が浮気をしたら、悲しさだけでなく、悔しさや報復心が出て当然かと思います。

「目には目を」ということで考えられるのは、自分自身も誰かと浮気をするということです。しかし、それで「同じ気持ちを味わわせる」というのは非常に難しいことです。なぜならば、浮気をしている人の気持ちは一瞬であってもあなたから離れてしまっているのであり、その時点で気持ちのスタートラインが同じではないからです。

仮に、「夫・妻が浮気をしたのであれば、自分も」と浮気行為に及んだとします。その浮気がばれたとき、万が一夫・妻が「自分の浮気はいいが配偶者の浮気は許さない」というタイプであれば、さらにやっかいなことになります。自分のことを棚上げし、慰謝料や親権を要求してくるかもしれません。

そうなれば、事実浮気をしてしまっているあなたに勝ち目はないのです。先に浮気をした夫・妻の浮気証拠は既にしっかり隠されてしまっているでしょう。浮気を浮気で報復してしまえば、あなたは相手の土俵に乗ってしまったことにしかならないのです。


正当な方法で離婚することが最も効果的な報復

私は、正当な方法で離婚することが最も効果のある報復であると考え、依頼者にきちんとご説明するようにしています。

「浮気相手と夫が幸せになるのが許せない」「会社での夫の地位を失わせたい」ということを言う方もいますが、もしそんなことができたとしても依頼者自身が幸せになるわけではないのです。もし、依頼者が不法に配偶者の名誉を傷つけるようなことをしたり、暴力などの迷惑行為を行えば、依頼者は自分自身の幸せな人生を失ってしまうことになります。

正当な方法で離婚すること、しかも、依頼者に有利な形での離婚を成立させることで、浮気をした配偶者は失ったものがどれほど大きかったのかを思い知ります。浮気の恋愛関係が浮気だったからこそのものだったということもわかるでしょう。

依頼者が浮気をした配偶者なしで新しい人生を歩み始めることこそが、配偶者にとって最も大きなダメージとなるのです。




探偵は浮気の報復を手伝うものではない

結果として、探偵は浮気の報復をお手伝いする職業ではないということになります。探偵にとって最も大切なのは、依頼者が新しい人生を歩みだすこと、つまり、依頼者がより満足して離婚し、大きな問題から抜け出すことだからです。

依頼者が離婚した後、元夫・元妻がどんな生活をするかというのは、依頼者にとって重要なことではありません。「依頼者にとってよい夫・妻ではなかった」という事実がすべてです。さらに、ご自身は配偶者にとってよい夫であったか、よい妻であったかということも考えてみれば、選ぶべき道も見えてくるのではないかと思います。

まずは冷静になること、ご自身と、ご自身が大切にしたい家族について考えていただければと思います。


なお、探偵業の中には「別れさせ屋」を自称する事務所もあります。多くは違法となる詐欺行為であり、依頼者の報復したいという気持ちに付け込んだ悪徳業者であると考えられます。

以前ほどその名称を聞くこともなくなりましたが、インターネットで検索すれば、未だ別れさせ屋を引き受けるといったことが書いてあるサイトが多く存在しています。安易にそのような違法業者を信じることがないよう、慎重に判断するようにしてください。



ついに公開!浮気を見破る方法 【その3】

フリー あーん
今回で浮気を見破る方法は最後となります。参考にしてくださいね。


家事に対しての姿勢が…
家事に対して
  • 料理が手抜きになった
  • 家事を後回しにする
などということはありませんか? 

今まではしていたのに、急にしなくなるというのは明らかな気持ちの変化。パートナーの気持ちが、家庭から外へと向いている証拠です。家庭を顧みらない状態になっています。

実際に、依頼者様から聞いたお話では、奥様は絵に描いたような素晴らしい奥様で、毎日きちんとお子様のお弁当を作ってらっしゃったそうです。ですが、ある時、作らなくなった。おかしいと思ったご主人が依頼されたのですが、調査してみると奥様には出会い系サイトで出会った男性と不倫をしていて、その後、浮気相手と蒸発してしまいました。


あんなに可愛がっていた子供が…
あなたのパートナーは、今お子さんに対してどのように接していますか?
「今まではあんなに可愛がって遊んでいたのに…」と思ってらっしゃる方は、もう既に危険領域に入っています 


冷たい言い方かもしれませんが、あなたとパートナーは赤の他人です。ですが、パートナーとお子さんは血が繋がっています。本当に家庭が大事な方というのは、浮気心があったとしても、一番は家庭です。家庭を捨てるなんて考えていません。


ですが、お子さんと遊ばなくなったり、行事に出なくなったり、誕生日を一緒に祝わなかったり…と家庭を顧みない行動は、気持ちが浮気相手にかなり傾いていると言えます。
こんなことをすれば、子供の気持ちが離れていくのはわかりきっているはずです。それでもやめれないというのはかなり危険です。


携帯電話の明細書は浮気発覚の宝庫
携帯電話の明細書をじっくり見たことがありますか?

今は連絡手段としてメールをよく使います。いくらあなたの前ではメールしていないとしても、容量のいい人ならそのくらいしかねません。

ですが、いくら隠れてメールしているとはいえ、パケット通信料までは誤魔化せません。今は、パケット定額がありますが、どのくらいのパケットを使ったかはわかるようになっています。数が多いということは、誰かとかなりのメールをしているか、もしくは出会い系サイトを利用しているか。出会い系サイトを利用する方は、パソコンより携帯を使う傾向にあるので要注意です。


最後に
浮気を見破る方法を【その1】【その2】【その3】とお伝えしてきました。どれもすぐに確認できることばかりです。毎日のことなら、尚更変化に気づくはず。 参考にして頂けたら嬉しいです。

ついに公開!浮気を見破る方法 【その2】

フリー 女性 青空 傘
【その1】でお伝えした内容はいかがでしたか?今回も浮気を見破る方法をお伝えしていきます。


今までは聞かれていた…は要注意
今までは「何時に帰ってくるの?」「身体は大丈夫?」「いつ会う?」 と聞かれていたのに、そういえば最近言われないな…と思っている方はいらっしゃいませんか?

何かあなたに対して質問するというのは、興味がある証拠。少しでもあなたのことを知りたいという表れです。

出会ってすぐの頃は、相手のことを知りたくて色々聞いたものです。交際や結婚生活が長くなれば、自然と聞かなくなると思ってる方もいらっしゃるかもしれませんが、そうではありませんよ。期間が長くなっても、相手に愛情(興味)さえあれば、聞く回数は減っても完全になくなりはしません。


目をそらす・目を見つめる、どっちがウソ?
あなたが怪しいと思って、パートナーに問いただした時、視線はどこを向いていますか?男性の場合、ウソをつくと目をそらしますが、女性は目を見てウソをつきます。それは、男性は不安や罪悪感から目をそらさないとウソをつけませんが、女性は「私のウソばれてないかな」と不安になり怪しまれてはいけないと、あえて目を見てウソをつきます。

よく男性の浮気はすぐ見つかる、女性の浮気はわかりにくいというのは、こういうことが原因となっているんです。

言葉だけではなく、視線にも気を配りましょう。


お風呂に入るタイミングに要注意
ある男性芸能人がテレビで「浮気をして家に帰ったら、真っ先に風呂に入る。入らないと怪しまれる。でも、浮気相手の家で入ってきてるから、することがなくてぼーっとしている」と言っていました。

これは本当によくある話で、特に男性の方に多いです。あなたはパートナーが家に帰ってきて、すぐお風呂に入ったら、携帯電話やカバンのチェックばかりしていませんか?

確かに携帯電話やカバンのチェックも大事ですが、日頃と入浴スタイルが違ったり、慌てるようにお風呂に入ったりと、意外にもお風呂に関しては浮気発覚の起点となることが多いんです。 注意が必要です。


今回も、浮気を見破る方法を3つ紹介させて頂きました。【その3】で最後です。参考にされてくださいね。

ついに公開!浮気を見破る方法 【その1】

フリー 抱きあう二人
パートナーが浮気をしているか不安になっていませんか?不安になってしまうと、少しのことでも気になるはず。今回は、確実に浮気を見破る方法をお伝えします。


1.パートナーの発言に注意
パートナーの行動や携帯電話に目がいく所ですが、日頃の発言にも注意が必要です。

数日前と今、言っていることが違うことはありませんか?相手の他愛もない話を聞き流さないでください。特に、あまり喋らない人がペラペラと話すときは、何か浮かれるようなことがあったということ。そういう時は、熱心に聴いて、内容を覚えておきましょう。


そして数日後に「こないだの○○ってどうだったっけ?」と聴いてみてください。あなたにウソをついて話していた場合、数日前と今では内容が微妙に違うはずです。特に男性は、あまり考えずに話すのでいちいち言ったことを覚えていません。この手法は男性に試すほうが効果的です。


2.友人・同僚の名前に注意
パートナーからよく出てくる友人・同僚の名前はありませんか?特に男性の場合、硬派といいますか、大勢の男友達とバーベキューに行ったりする方いますよね。地元の友だちや同僚と。

心理学者の方がおっしゃるには、地元友だちや同僚など、大勢の男友達がいる男性というのは浮気をする傾向にあるそうです。男性というのは、男友達に影響されやすい生き物。輪の中に、女性関係が激しい人がいると影響され、自分も・・・となってしまいます。

パートナーから男友達の名前ばかりや、女性関係が激しい人の名前ばかりが出た場合は注意が必要です。


3.異性のブランドに詳しくなった
話をしていて「なんで、そんなブランドの名前知っているんだろう?」と思ったことはありませんか?パートナーから「それ○○のやつだよね?」と言われたことはありませんか?


誰もが知っていたり、レディース・メンズ両方あるようなブランドなら話は別ですが、そうでないにも関わらず、すらすらブランド名が出てくるのは危険信号です。今までの経験ですと、この場合、ほとんどが浮気相手の影響で覚えたということがわかっています。


特に男性は女性のブランドに疎いです。そんな男性から、ブランド名を当てられたら、プライベートな話をする相手がいる、何気なく話したことまでも覚えているような特別な相手ということになります。


次回、【その2】をお伝えしますね。