別居中の浮気

別居中の浮気防止・抑えておきたい4つの対策

4358011621_5383e805a2

「離婚を前提としない別居」を考えている方々に向けた記事です。

離婚をしないのになぜ別居をするのか?と考える方もいらっしゃるかもしれません。ですが、最近は芸能人にも「冷却期間を置くための別居」をする人が増え、そのような別居の意味も理解されてきたと思います。ある程度の距離を置くことで、家庭の問題について冷静に考え、気持ちを改めて話し合うことができる場合も多いと思います。

しかし、別居中の配偶者(特に子供が同居していない場合)には浮気の誘惑が多いのも事実です。独身時代のように自由に動けますし、妻の目もありません。別居中の浮気、浮気に関するトラブルを防ぐために抑えておきたい4つの対策をご紹介します。


1.別居の前に「離婚前提でない」という共通認識を持つ
別居を始める前に、この別居がどんな意味を持つのかということの共通認識を持ちましょう。

「離婚を前提とするものではない。」
「ゆくゆくは元通りの同居生活を目指す。」

というものです。ふたりの婚姻関係は破綻していないのです。

基本的なことですが、「その間の浮気は離婚や慰謝料請求の対象となる」ことを理解してもらいましょう。

別居中に浮気をしてはいけない。とても基本的なことですが、それがわかっていない人が多いのも事実なのです。別居について一度学ぶ・学んでもらう機会を持つ意味でも、これは重要なことです。なんとなく目的をなあなあにしたまま別居に突入しないようにしましょう。


2.別居の期間を明白にしておく
別居の期間は必ずしっかり決めておきましょう。別居の前に決めるのはもちろん、その後延期することになっても、次の期間をきちんと決めておきます。期間がいつかということよりも、「期間が設定されている」ということが重要なのです。これは非常に具体的な「婚姻関係が破たんしていない」という証拠にもなり、浮気をすれば慰謝料を請求されるということで浮気の予防線として役立ちます。

長い別居になるとゴールについてもあいまいになりがちです。期限を決め、できればそのたびに別居の目的は変わっていないのだということを確認しましょう。延期が重なると面倒ではありますが、あまりに遠い期限より、2.3か月を目安に設定するようにしておきたほうがよいと思います。


3.定期的に会う・部屋の掃除などを申し出る
「別居後、定期的に夫婦が会っている」ということも、将来の同居に向けて大切なことです。完全に生活が切り離されてしまえば、離婚に近づいてしまうのも無理はありません。お互いの状況を確認するためにも顔を会わせる機会を作りましょう。数週間に1度、1か月に1度というペースで問題ありません。たまに会うのであれば浮気をしているような怪しい雰囲気は余計よくわかるものです。

喫茶店や飲食店など、自宅の外で会うのも問題ありませんが、可能な限りお互いの家を会う場所にしましょう。夫だけが出て行った場合、夫の一人暮らしの部屋こそチェックを入れたいものですが、夫だけがチェックされる立場になれば不公平感が生まれてしまいます。

会う時間を調整できない場合は、部屋の掃除や家事を申し出て鍵を借りられるようにしたりするのもよいでしょう。スムーズに同居生活に移る手助けとなります。勝手に部屋に入った場合、不法侵入とみなされる場合もありますので、必ず本人の許可を得るようにしましょう。


4.合意書を作成する
1~3の決定事項について、合意書を作成できればベストです。なかなかこのような「合意書」作成に応じてくれない場合があるかもしれませんが、法的な書類でなくとも構いませんので、取り決めをした旨とお互いのサインを残すような形にはしたいものです。

相手を縛り付けたり押さえつけたりするものという意義ではなく、お互いのルールとして、どちらにとっても重要なものと説得し、応じてくれない場合にはこれだけは譲れないという強い態度を見せましょう。応じなければ別居に踏み切ることはできない、とはっきり意思表示してください。


浮気予防=浮気したときの慰謝料を確保することにも
上記の事柄は浮気の予防策としてご紹介しましたが、すべてそのまま「配偶者が浮気した場合の慰謝料を確保するために必要なこと」にもなります。同居を目指す人にとっても、最終的に離婚を選ぶことになる人にとっても、自分自身を守ってくれるものになると思います。


* * *


判例では、同居している夫婦の関係は破たんしているとみなされません。つまり、「同居していれば婚姻関係は続いているという前提で考えられる」のです。婚姻関係が続いている夫婦にとって、「同居していること」が非常に重要なことであるのがご理解いただけると思います。

逆に言えば、別居している夫婦の関係は少なからず離婚を意識したものと考えられて当然だと言えます。

「別居には、別居しているという事実を乗り越えて夫婦関係を続ける強い意志が必要である」
このようなことを認識した上で、別居について・夫婦について、十分に話し合って欲しいと思います。


別居中なら浮気をしてもいいの?

3162565674_fcd79ff779

別居中の浮気問題。「別居している」という状況であるならば、浮気をしてもいいのでしょうか?
実はこの質問には、イエスともノーとも答えられます。

さて、これについてご説明するその前に・・・。
この場での浮気をしても「いい」というのは、「配偶者から慰謝料を請求されない、浮気をしても困った立場に追いやられることがない」という意味であり、倫理的な意味での「いい」ではありません。倫理的に言えば、やはりきちんと夫婦間の問題を清算されてから、新しい関係を作るべきかと思います。

日本は浮気をしても罪になることのない国です。何度浮気をしても犯罪ではありません。あくまでも「民事裁判」で取り扱われ、被告・原告どちらがいうことが正しいかということなのです。 浮気は犯罪にならないからこその問題を生み出すのではないかと考えます。こんなふうに、簡単に「してもいい」「してはいけない」と言い切れないわけですから。

では、別居中の浮気についてご説明します。


どんな目的で別居に踏み切ったのか
まず、別居がご夫婦二人にとってどんな意味合いがあるものかにより、浮気の意味は違ってきます。浮気を原因として慰謝料を請求する・される条件として、「浮気があった時点で婚姻関係が破たんしていない」ということが挙げられます。

別居の目的はどんなものだったのでしょうか?よく思い出してみましょう。

  • 口論も増えてきてしまったため、気持ちの冷却のために別居した。
  • 現在は別居しているものの、将来的には同居を目指している。
  • 「1年程度別居したほうがよいだろう」と双方納得の上別居に踏み切った。

このような同居であれば、「すでに婚姻関係が破たんしていた」とはいえず、別居中の浮気が離婚の原因だと考えられることになります。もし「離婚の準備段階として別居していた。」ということであれば、その後浮気があったかどうかに関係なく婚姻関係は破綻しており、浮気を責めることはできません。

しかし、このような目的があることを実証できないと、基本的には「別居」=「婚姻関係の破たん」とみなされてしまいます。別居する際には、期間を決めておく、関係の修復が前提であることの同意を得ておく、時々別居先を訪ねる(掃除やその他の世話をする)などして、浮気に備えるようにしましょう。


別居中の浮気でも、浮気相手に慰謝料を請求できる

別居中の浮気であっても、上記でご説明した通り「婚姻関係が破たんしていない別居」であるならば、浮気をした配偶者だけでなく、その宇浮気相手にも慰謝料を請求することができます。ただし、浮気相手が「浮気をしている」という認識がない場合は請求できません。あくまでも浮気相手が故意に既婚者と不貞行為に及んでいたという事実が必要になります。配偶者が自分を独身だと偽っていたり、離婚を前提に同居していると嘘をついている場合、浮気相手には責められる点がないのです。

別居中の浮気については、自分と配偶者の関係だけでなく、配偶者と浮気相手の関係についても慎重に考える必要があります。「浮気相手も被害者であった」という可能性があることを忘れないようにしましょう。

その他別居中の浮気に関しては「別居中の浮気でも浮気相手に慰謝料を請求できる4つのケース」もご一読ください。


勝手に別居先に入れば「不法侵入」に
浮気の証拠をつかもうと無断で別居中の自宅に入れば「不法侵入」にあたる場合もあります。もし配偶者があなたに鍵を渡してあれば、「入ってもよい」ということと同じ意味になりますが、他のだれかに預けた鍵をあなたが配偶者本人の許可なく借りたり、配偶者が忘れた鍵を勝手に使ってしまえば、それは不法な侵入とみなされてしまうのです。

別居していると浮気の証拠を探すことも非常に難しくなってしまいますので、法律事務所や探偵事務所の無料相談なども利用しながら、ご自身の立場を悪くすることがないよう慎重に行動しましょう。