慰謝料請求

既婚者と浮気をしている女性へのメッセージ/後編

1966322035_12204f65c2

「既婚者と浮気をしている女性へのメッセージ/前編」の続きです。

既婚者との不貞行為が事実であれば、その妻から慰謝料を請求された場合、慰謝料を支払わなければなりません(交渉により、減額や分割もありえます)。しかし、それは「故意の不貞行為」であるからこそ、その代償を払わなければならないのであり、故意でなかった場合には 支払う必要がありません

以下、詳しくご説明します。 


既婚者の嘘で浮気行為に発展した場合
次のような場合、既婚者である男性と浮気をしても、慰謝料を請求される可能性は低くなります。

  • 既婚者である男性が「結婚はしていない。独身である」と嘘をついていた。
  • 既婚者である男性が「離婚を前提に別居している」と嘘をついていた。

嘘の上に成り立っている浮気行為です。あなたは婚姻関係が破たんするかもしれないとわかって既婚者男性と不貞行為に及んだわけではなく、故意ではありません。慰謝料が請求されるのは、故意に婚姻関係を破たんさせた場合とされています。

(もちろん、倫理上の話をするならば、どんな形であれ既婚者は妻以外の女性と性的な関係を結ぶべきではありません。風俗のような一時的な性的関係についてはまた別の解釈がなされています。)


「ずっと家庭ではうまくいっていないと聞いていました。なのに、5年経過しても離婚の話は具体的にならず、どうなっているのかと改めて聞いてみたら『やはり離婚はできない』と言われました。納得がいきません・・・。」

こちらを例にあげて考えてみると、「うまくいっていない」という言葉で、男性が「夫婦関係が冷え切っており、回復不可能だ」とあなたに思い込ませていたのであれば、あなたは嘘をつかれていたことになるでしょう。妻から慰謝料を請求された際にも、強く訴えるべきことです。責任は夫である男性にあります。

しかし「5年経過しても離婚の話は具体的にならず」という点で、あなたが確認を怠ったと指摘される可能性もあります。これは「過失」に当たり(普通に考えて離婚の可能性はないと判断できる状況なのに浮気を続けたという意味での過失です)、慰謝料を払うべき点であると指摘されてしまう可能性もあります。

「うまくいっていない」という表現以外にも、あなたを騙すような口ぶりがなかったかよく考えてみてください。メールもすべて保管し、確認しましょう。夫婦が同居している場合、基本的には婚姻生活が破たんしているとみなされないので、男性がどの程度の期間(あるいはどの程度の頻度で)あなたの家を訪ねていたかなども重要な証拠となります。

少しでも早い段階で、今の夫婦生活の真相を確認する必要があるということを忘れないようにしてください。浮気・不倫の期間が長ければ長いほど、あなたが故意ではなかったことの証明がしにくくなってしまいます



これからの生活を冷静に考える転機
妻から不貞行為に対して慰謝料請求をされたとき、あなたはパニックに陥るでしょうか、こうなってしかたないと思うでしょうか。いずれにせよ、慰謝料が請求された事実は変わりません。これを転機として、将来について十分に考える必要があります。既婚者である男性が、今後妻と家族を中心に考えるのか、あなたを中心に考えるのかがよく理解できるチャンスでもあるのです。

男性は奥様と離婚し、あなたとの結婚を選ぶ可能性もあります。世間には、不倫を経て結婚に至ったご夫婦もいらっしゃいますし、それも人生のひとつです。しかし、結婚後も慰謝料や養育費を支払い続けなければならないという金銭的な問題でどうしても夫婦関係がぎくしゃくしてしまったり、浮気から始まった関係であるため「また浮気をするのでは」という不安が付きまとったりと、大変なことはむしろこれから続くかもしれません。離婚した夫婦に子供がいれば、離婚してもその子供の親であり続けるわけです。

なぜ夫婦関係がうまくいかなくなったのか。その原因に浮気があったことは確かでも、それだけではないかもしれない。そういったことも見極められるよう、十分に時間を置いて考えて欲しいと思います。慰謝料を請求された経験は、無駄にはなりません。


傷つけないように・傷つかないように
不倫・浮気を長く続けてしまい、なかなか抜け出せない女性は少なくありません。というのも、男性が浮気相手を「離婚できそうだができない、離婚できたら結婚したい」というような宙ぶらりんの状態にしてしまうことが多いからです。好きになった相手がもう結婚していた相手だった、それはしかたのないことかもしれませんが、やはり不倫・浮気の一歩前で踏みとどまる責任があるのは既婚者のほうだと思います。

しかし、その責任を放棄してしまった相手に対し、次に正しい判断ができるのは不倫相手になってしまった女性、あなたひとりです。ひどく特殊な状況の中でなかなか他人の意見が耳にはいらなくなることもあるかもしれませんが、男性の家族を傷つけないよう(どんな夫婦の状況であれ、その家族を傷つける権利はあなたに一切ないのです)、これ以上自分自身が傷つくことがないよう、冷静に対処してほしいと思います。

公平な目で物事を判断できる第三者の目、その方々からいただくアドバイスも、大切にしてくださいね。






既婚者と浮気をしている女性へのメッセージ/前編

5841979717_b25ea9c870

これまで私は、当サイトで「浮気をされている方々」に対して記事を書いてきました。今回は逆に、既婚者と浮気をしている女性へのメッセージを書かせていただこうと思います。浮気相手にも慰謝料は請求されるのか?別居中の浮気でもいけないことなのか?浮気相手の女性にとって問題となることはこのようなことです。

しかし、中には慰謝料等の話以前のところで思い悩む女性が大勢います。

「ずっと家庭ではうまくいっていないと聞いていました。なのに、5年経過しても離婚の話は具体的にならず、どうなっているのかと改めて聞いてみたら『やはり離婚はできない』と言われました。納得がいきません・・・。」

このような相談に対し 、実際に既婚者の家庭がどんなふうになっているか調べてもあまり意味はありません。離婚を選ぶかどうかは、男性の家庭の状況とは関係なく、その男性の意思にあります。「慰謝料や養育費を払ってまで離婚したいと思っていない」というのは、今その人にお金があるかどうかの問題ではなく、浮気相手のために慰謝料や養育費を稼ごうとする気があるかどうかという問題なのです。

すべての結婚が善で、すべての浮気が悪なのではありません。守るべき順序を守り、当事者に誠意を尽くす気があるのであれば、結婚と離婚を経て結ばれる男女もいてもおかしなことはありません。 守るべき順序を守り、当事者に誠意を尽くす、それができないような関係のために人生を無駄にしてほしくないと思います。


「浮気相手」でいることのリスク・慰謝料
まずは浮気相手でいることのリスクをご説明します。具体的には「既婚者の浮気相手」として、妻に慰謝料を請求されることです。結婚したことにより、夫婦間には次の義務が発生します。

  • 同居の義務
  • 協力義務
  • 扶助義務
  • 貞操義務(民法上に規定はないが離婚原因となる)

貞操義務違反は離婚の原因として認められており、夫には慰謝料が請求されます。「離婚の原因として認められている」というのは、離婚に至ってもやむなしと裁判でも認められる理由のひとつであるということであり、他の原因で離婚するよりも慰謝料が高額になる傾向があります。

妻としても高い慰謝料を払ってもらって離婚したほうがよいわけです。浮気によって婚姻関係が破たんしてしまったのであれば、それを証明した上での離婚をしようと考えて当然のことです。

さらに、浮気をされた妻はその原因を作った浮気相手の女性にも慰謝料を請求できることになります。もし夫が浮気相手であるあなたの家に入りびたり、自宅に帰っていないのであれば「夫婦の同居義務」にも違反しており、これもまた慰謝料を払わなければならない要因となります。


慰謝料は絶対に払わなければいけない?
浮気相手であるあなたに慰謝料請求の要請が来たとします(法的な書類が内容証明郵便などで郵送されてきます)。次のような内容が含まれているはずです。

  • 浮気(不倫)相手の名前
  • いつから不倫をしていたかなど不倫に関する内容
  • 慰謝料金額(請求金額)
  • 慰謝料支払いの期限
  • 慰謝料請求に応じなかった場合について(法的措置の説明)

実は、これ自体に法的な拘束力はありません。例えば、あなたに送られてきたこの内容がまったく身に覚えのないものであれば、それなりの返答をすべきで、いきなりその通りの慰謝料を支払う必要はないのです。

しかし、内容が事実であり、本当に既婚者である夫と継続的な不貞行為があったのであれば、やはりこれに従わなければ訴訟を起こされる場合もあります。納得できない点がある場合にも、完全に無視しては後々あなたが不利になってしまいます。

慰謝料請求の書面には連絡先があるはずですので(個人でなく法律事務所や行政書士事務所の場合もあります)、減額などのお願いをすることもできます。浮気行為の時期などに間違いがあればきちんと指摘し、期間が短かければ減額にも応じてもらいやすくなるでしょう。減額だけでなく、分割等の支払いをお願いすることもできます。


浮気(不倫)相手への慰謝料金額はどれくらい?
浮気(不倫)相手へ請求される慰謝料の金額はケースによって幅があり、50万円から300万円と言われています。300万円というのは、浮気により婚姻関係が破たんして離婚に至ったために高額になったというものでしょう。

慰謝料を払いたい人など誰もいないと思います。しかし、浮気行為が事実であればあなたは「慰謝料を払っても当然の行為をしていた」という自覚があったということになります。それが社会的な判断なのです。慰謝料の請求に対して不当な対応(無視する、逃げる)ということは、さらにあなたの立場を悪くしてしまい、妻は腹を立てる一方です。過ちを素直に認め謝罪すること、その上で今後浮気行為をしないことを約束し、慰謝料の減額を認めてもらうほうが、新しい第一歩をやり直す近道となる。そう考えてほしいと思います。


慰謝料以外の示談内容
既婚者である男性と別れることに不倫相手であるあなたには、慰謝料だけでなく次のようなものを求められる可能性もあります。

  • 夫に対する求償権の放棄
  • 夫に今後接触することを禁じる誓約書
  • 不倫に対する謝罪文

「求償権」とは、「本来慰謝料は不貞行為に及んだ二人で支払うもの」という考えのもと、妻に支払い終えた慰謝料を夫に請求する権利のことです。このような示談の内容は法的な拘束力がありますので、慎重に対応する必要があります。



***



さて、冒頭に書いた「ずっと家庭ではうまくいっていないと聞いていました。」という発言を見直してみてください。
この「うまくいっていない」が現実的にどんな状況であるのかによっても不倫相手の立場が変わります。同居しているが夫婦間の雰囲気が悪いだけで「うまくいっていない」のか?別居しており離婚届を提出する一歩手前なのか?

既婚者と浮気をしている女性へのメッセージ/後半 に続きます。






浮気相手に「制裁」はできる?浮気相手に慰謝料を請求できないケース

7459773452_c2f6226223

ある奥様のご相談です。
奥様は、夫の浮気を疑って私の探偵事務所を訪れました。

彼女から丁寧に話を聞き、調査を開始。比較的早い段階で夫の取引先(下請け)の会社で働く 女性が浮気相手であることがわかりました。浮気相手は奥様より少し年上の女性です。奥様は離婚の上、夫から慰謝料を請求することにしました。ご自分で教室を開いており、きちんとした収入がある奥様です。離婚に迷いはありません。

細かな事情はお話できませんが、奥様は夫よりも浮気相手に怒りの矛先を向けているようでした。もちろん浮気相手にも慰謝料を請求したいとおっしゃいました。浮気の制裁を下したい、という言い方をしました。

たしかに、浮気相手から慰謝料を請求することはできます。ただし、次のような条件が必要になります。

  • 浮気以前に婚姻関係が破綻していない。
  • 氏名や住所などが判明しており、法的に慰謝料を請求する手続きができる。
  • 自分自身の行為が不貞行為であると認識している。故意による浮気である。

【婚姻関係の破綻について】
浮気が判明する以前、ご夫婦は別居などもせず、一般的な結婚生活を送っていました。夏には中学生のお子様を含め、家族で旅行をすることもありました。そのため、「既に結婚生活が破綻していた」という言い方はできません。

【浮気相手の名前・住所について】
浮気相手の名前や住所は問題がありません。例え正確な住所がわからないとしても働いている会社がわかっていますし、法的にも問題ありません。夫も浮気が判明してしまって以来、相手のことをかばおうともしていませんでした。この時点で少し怪しいとは思っていたのですが、私の予想は当たってしまいました。

【故意について】
浮気相手は、奥様の夫である男性が「既婚者」であるとわかっていませんでした。つまり、夫は自分が結婚していることなどを一切隠し、独身であると告げていたのです。 「既婚者であることを知らなかったこと」を証明するのはなかなか難しいのですが、夫自身の証言(既婚者であることを隠していた)に加え、夫の友人の証言がありました。

なお、結婚指輪は太って指輪がきつくなり、ずいぶん昔からはずしていたようです。取引先として会社で顔を合わせることもあったふたりですが、夫の指輪がつけられていたりはずされていたりしていたら、もう少し回りの方も怪しんでいたかもしれません。浮気相手の女性は年齢的にも結婚を意識して夫とつきあっていたようで、それは真剣な気持ちだったのではないかと思います。


浮気相手から慰謝料を請求する条件を読んでいただければわかる通り、既婚者であると知らされていない浮気相手から慰謝料を請求することはできません。故意による不貞行為ではないからです。その点はよくお話し、時間はかかりましたがわかっていただきました。また、奥様は行政書士の方にも相談したようですが、やはり「難しい」という返答だったようです。

「難しい」というのは、不可能ではないかもしれないが(不可能であってもそうはいえません)、今後、今以上に浮気相手に対する調査が必要とされ、奥様はさらに時間もお金もかけなければならないということです。それだけかけて、果たして制裁を下すことができるかといえば、できない可能性のほうが高いのです。


奥様は、「慰謝料以外の方法で浮気相手に浮気の制裁となることができないか」と尋ねてきました。
それについても丁寧にお話し、ご理解いただきました。

以下は私が個人的に考えることです。一部はこの奥様にもお話したことです。

浮気相手は、間接的に浮気の制裁を受けてしまっているのだと思います。言ってみれば「騙されていた」のですから、受けるべき制裁自体ないはずです。ただし、やはり夫は「自分の家に彼女を招いていなかった」「彼女の友人と会おうとしなかった」など、不倫した女性の立場から考えてもいくつか怪しむべき点があったため、注意深さにかけるところはあったかもしれません。

不倫相手は相手が既婚者であったということで深く傷ついていますし、夫が既婚者だとは思っていなかったため、親を含めまわりの人々にも自分の恋人だと話していました。それがこのような形になり、平然としているわけがありません。夫の妻に慰謝料を請求されないかということで、知人の弁護士に相談をしてもいたようです。本人にとっては浮気の見返り、制裁のようなものなのではないかと思います。

慰謝料を取ることができない相手に与えられる制裁とはなんでしょうか?

制裁すべき相手だからこそ慰謝料を請求する
のです。そうでない相手に無駄な時間をかけて新しい人生のスタートを遅らせてしまうのは、とてももったいないと思います。不倫相手の女性は、奥様に恨みがあったわけではありません。そんな相手に対して、慰謝料以外の何かで制裁を下したとしても、すっきりするでしょうか?「浮気していたことを会社に広めたい」という人もいましたが、そんなことをすれば逆に訴えられてしまいます。夫の不倫のために自分の人生を無駄にするかもしれないのです。

浮気をされた妻が制裁を下すべき相手は相手は夫だけです。
私たち探偵の調査は、こころを切り替えて新しい生活を歩み始めるために役立って欲しいと考えています。













別居中の浮気でも浮気相手に慰謝料を請求できる4つのケース

3880567772_4af8544c32

別居している妻・夫が不倫(不貞行為)をした場合、その浮気相手に慰謝料を請求することはできるのでしょうか?

別居していると通常の結婚生活をしている前提ではなくなり、同居している場合よりも慰謝料請求のハードルは高くなってしまいます。しかし、一定の条件を満たせば、不倫をした夫・妻だけでなくその不倫相手に慰謝料を請求することができます。

一定の条件とはなんでしょうか?順番に考えていきましょう。


「夫婦生活が破綻した」ということで請求可能
おさらいになりますが、次のような状況での「配偶者の不貞行為による離婚」であれば、浮気相手にも慰謝料を請求することができます。
(慰謝料の金額も大きくなり、親権などについても有利な条件で離婚をすることができます。)

  • 継続的な不貞行為があったことが証明できる証拠がある。
  • 夫・妻の継続的な浮気行為が原因で、夫婦関係が破綻している。

これは別居していても同じことです。そのため、もともと夫婦関係が破綻していたために別居し、その後別居中の夫・妻が浮気相手と不貞行為を行ったとしても、浮気相手に慰謝料請求をすることはできません。
もちろん、「離婚前提の別居」であれば、慰謝料請求の可能性はほとんどなくなってしまいます。(ただし、浮気以外の他の要因を探すことは可能です。慰謝料の金額は低くなります。)



浮気相手に慰謝料を請求できる4つのケース
別居中であっても、完全に婚姻関係が破綻していないのであれば、浮気相手に慰謝料請求できる可能性があります。

具体的には次のようなケースが考えられます。

【別居中の浮気でも浮気相手に慰謝料を請求できる4つのケース】
  1. 単身赴任などでいやおうなしに別居しなければならなかった。
  2. 関係を修復するために、一時的な別居と位置づけていた。
  3. 夫婦が定期的に会っている。
  4. 配偶者が話し合いもなく勝手に別居を始めてしまった。

1については、会社の命令による単身赴任は本人の意思や夫婦の状態とは関係ありませんので、同居と同じような扱いになるのは当然のことです。

2、3については、

「別居はしていたが、別居中の夫・妻が住む家の掃除や家事などの世話を定期的にしていた」
「別居は一時的なものであり、再び同居する話をしていた。または期間を定めていた。」

などの事実が必要となります。
離婚を前提としない同居であるならば、別宅の鍵を預かっておく、定期的な連絡を欠かさない、などのつながりを持っておくことが重要だと言えます。

4については「夫婦生活の破綻」に直結するものと考えられていないため、浮気があった場合には浮気相手にも慰謝料を請求することができます。


浮気相手に慰謝料を請求できないケース

ただし、次のような場合には、婚姻関係が破綻していなくとも浮気相手への慰謝料請求はできないと考えられています。

  • 夫・妻によって結婚していることを知らされていなかった。
  • 夫・妻によって「婚姻関係が破綻している」と騙されていた。

これらの場合、浮気相手は故意に婚姻関係を破綻させようとしたものではなく、浮気相手に慰謝料を請求することはできません。

「別居」には夫婦の同意を
もし、あなたが家を飛び出して別居が始まった場合、「夫婦同居の義務」を放棄したことになり、慰謝料請求においても不利になります。

同居する場合には冷静な話し合いを持ち、夫婦間の同意を得るようにしましょう。なお、同居を解消せざるを得ない原因が配偶者にある場合(家庭内暴力があるなど)はこの限りではありません。





不倫の慰謝料請求で知っておくべき4つのこと

フリー画像 不倫 慰謝料 
不倫が発覚し、離婚に発展…となると必ず発生するのが“慰謝料”です。慰謝料を請求出来ることはわかっていても、漠然とし過ぎてよくわかりませんよね。 
パートナーの不倫が発覚し、慰謝料を請求したい場合、以下の4つのことを理解しておきましょう。

1.不倫の慰謝料は誰に請求するの?まずは、当然のことですがパートナーに請求することが出来ます。配偶者(夫・妻)ですね。

慰謝料の請求はパートナーにだけでなく、不倫相手にも請求することが出来ます。
ただし、不倫相手があなたの配偶者が結婚していると知らない場合は慰謝料請求は認められません。不倫開始時に、夫婦関係が既に破綻している場合も同様です。

不倫相手に故意または過失があって、因果関係も認められる場合には、不倫相手にも慰謝料が請求出来ます。


2.不倫の慰謝料の相場は?実は不倫の慰謝料の相場というのは決まっていません。 

慰謝料とは、精神的苦痛を受けた人を癒すためのお金ですから、不倫の慰謝料においては、それまでの夫婦関係や不倫していた期間、不倫された側の精神的苦痛の度合いなどにもよるので、色々な要素を合わせて慰謝料額を判断します。

一般的な相場としては、100万~300万円くらいとなります。
芸能人の不倫が発覚して払う慰謝料のイメージを持っていると、少ないなと思われる方も多くいらっしゃるかもしれませんね。 


3.慰謝料請求のために証拠は必須裁判をおこし、慰謝料が認められるためには、不倫があったことを立証する証拠が必要になります。
配偶者と不倫相手が不貞行為をしている写真やビデオなどは決定的な証拠といえます。
このような証拠を得て、慰謝料請求を確実なものにするために、探偵事務所に浮気調査を依頼する方々が多いのです。


4.慰謝料請求には時効がある?実は不倫の慰謝料請求には時効が存在します。その時効は3年です。
どこから数えるかというのは様々な考えがありますが、一般的には不倫の事実と不倫相手の存在を知ってから3年と考えるとよいでしょう。

3年とは長く感じるかもしれませんが、意外にもあっという間に過ぎてしまう期間です。悩まずに不倫の証拠を掴んで、慰謝料請求に備えましょう。