浮気とインターネット

パソコンから浮気を暴く・履歴の調べ方(IE9の場合)

6818192898_c132e81824


浮気を疑っている方に対して、私がアドバイスしていることがあります。
ご家庭では「最近のパソコンとか、ブラウザとかよくわからない」という態度を取ったほうがいいということです。

パソコン(PC)は浮気の証拠の宝庫です。不倫相手とのメールのやりとりがそのまま見えてしまうこともありますし、登録しているSNS(ソーシャル・ネットワーキング・サービス)を割り出して交友関係を調べることもできます。出会い系サイトなどもわかります。

ある程度パソコンに詳しいと、このようなことも当然知っていると思われてしまいます。できる限りパソコンから遠のき、相手を油断させてみてください。最初のうちは警戒して証拠につながるようなものを消していても、そのうち油断してくる可能性が高くなります。

この記事では、インターネットを見る「ブラウザ」のひとつであるIE(インターネット・エクスプローラ)9で、「どのサイトを訪問したか」がわかる履歴の確認の仕方をお教えします。


IE9での履歴確認方法

ヴァージョンがIE8であっても方法は同じです。

1.IEを立ち上げ、☆マークをクリック



画面右上の☆マークをクリックしましょう。これは「お気に入り」としてブックマーク(URLを記録)したサイトを呼び出すための機能です。次のようなタブがあります。

ブックマークを確認するだけでも、普段どんなサイトに訪問しているかが十分わかります。場合によっては関係ないものと見せかけるためにサイトの登録名を変えたり、フォルダにまとめて仕事関係のものであるかのようにみせかけている場合もあります。ひとつひとつチェックしてみましょう。

2.「履歴」のタブをクリック



タブには「お気に入り」「フィード」そして「履歴」があります。この履歴のタブをクリックしてみましょう。

履歴の表示方法は次のように変えることができますが、パソコンを熱心に見ていた日などを特定して確認すると、よく通っているサイトがよくわかります。

「今日」をクリック


このようにサイトのURLを確認することができますので、クリックしてみてください。そして次のようなことを注意してみましょう。

・Facebookやmixiなど、の登録制のサイトがないか
・出会い系サイトを利用していないか
・自分が行ったことのないホテルや旅館、レストランのホームページがないか



本人によって履歴を消されている場合
用心深い人は、ブラウザで閲覧したサイトの履歴を消しているかもしれません。これ自体がなかなか怪しい行為ともいえます。

手動で毎回消している場合には履歴を確認するのが難しくなりますが、手動は「消し忘れ」がありますのでこまめに、粘り強くチェックを繰り返す必要があります。

設定によって毎日履歴を削除するようにしている場合には、この設定を変えてしまうという方法もあります。本人は履歴を変えたつもりがなく、設定を信頼しているため、履歴が残っていること自体を確認しないでしょう。

では設定の変更方法をご説明します。

1.設定ボタンをクリック→「インターネットオプション」
IEの右上(お気に入りの☆マークの右)に、歯車のようなマークがあります。これが設定を変える際に開くボタンです。クリックすると、次のような表示が出てきますので、「インターネットオプション」をクリックします。




2.「全般」タブの中の「履歴」を確認
「全般」タブ(インターネットオプションを開いて一番最初に出るページです)の中にある「閲覧の履歴」を確認します。
「終了時に閲覧の履歴を削除する(W)」というのが、毎回IEを閉じるたびに履歴を消してしまう設定です。ここにチェックが入っている場合には、外してしまってください。



※「終了時に閲覧の履歴を削除する」にチェックが入っている状態。このチェックをはずぜば履歴は消えません。


気になるサイトのURLは、自分宛てのメールなどに張り付けたり(送信メールは必ず削除してください)、スクリーンショットやデジカメ・携帯での撮影で保管しておくことをおすすめします。

3.履歴を確認したあとは、あなたが履歴を消去する
念のため、あなたがチェックを終えた後に履歴を消去しておきましょう。「削除(D)」と書いてあるボタンをクリックすれば、履歴を消去することができます。もともとの設定はどうなっていたか必ず覚えておきましょう。これもデジカメなどで画面ごと撮影しておくことをおすすめします。メモなどでもいいのですが、視覚的なもののほうが判断しやすいものです。



さらに、不自然でない形でインターネットを使った証拠を残すよう、料理のレシピやネットショッピングのサイトを検索、訪問しておきます。その履歴は残してください。


パソコン触った?と聞かれたら
パソコンによく振れている人であれば、設定を変えたことまでは気づかなくとも、「誰かが触ったようだ」ということはわかる場合があります。椅子の位置やマウスの位置から気づいたり、IEが正常に終了せずホームページに設定しているページ以外のページから始まった場合などにも「あれ?」と思うかもしれません。

『パソコン触った?』と聞かれたら、次のように答えましょう。変化があるのに「触っていない」と答えると、怪しまれてしまいます


【パターン1】
友達が来て、調べたいことがあると言っていたので貸した。パソコンに詳しい人なので、なにかしたかもしれない。聞いてみたほうがいい?(聞いてみてとは絶対に言われません。履歴が削除されていても不自然に思われません。)

【パターン2】
料理のレシピ/お店の開店日(など)を調べた。途中で間違えて何かのプログラムを立ち上げてしまった。
(ウイルスソフトや、余分な情報を削除するソフトが起動したように思われます。「小さな子供が触った」なども有効です。)


IEを使っていないかもしれない?
インターネットのブラウザには、IE以外にも「GoogleChrome」「Firefox」などもあります。IEを使っていなければブックマークもそれほど使っていないないでしょうし、履歴も残りません。IE以外のブラウザも探してみてください。


完全に個人所有しているパソコンの設定は変えない
家庭で使用しているパソコン(PC)であれば、このくらいのことをしても大きな問題になることはないでしょう。しかし、完全に個人で所有し、仕事などで持ち歩いているようなパソコンの設定を変えるのは、勝手にパソコンに触れたことが必ずわかってしまいますし、その後も警戒されてしまいます。もし浮気をしていないのであれば「疑われた」という不信感を募らせてしまうことにもなりかねません。

一気におふたりの信頼が崩れてしまう可能性もあるため、個人所有のパソコンについては触れないようにしましょう。パソコンに貼ってあるメモやデスクトップキーボードの下などに、証拠になるようなもの(ホテルの電話番号やレシート・領収書)がないかということから確認してみることをおすすめします。





3分でわかるFacebook(フェイスブック)が浮気向きである理由

3517665078_d94f1ba277

最近ずいぶんインターネット上でも浸透しているSNS(ソーシャル・ネットワーキング・サービス)。今回はSNSの中でも注目度の高いFacebook(フェイスブック)と浮気について解説したいと思います。

当サイト右上にある「【f】いいね!」ボタンも、Facebookのサービスのひとつです。Facebookに登録していなくてもいろいろなところで目につくものですね。Facebookの基本的な機能も知らないけれど・・・?という方も、ぜひご一読ください。



本名登録が一般的なSNS

Facebook(フェイスブック)はmixiなどのSNSの一種ではあるのですが、本名での登録が一般的になっています。日本では、「インターネット上で本名を公表することは本人を特定されることによるリスクがある」ということで避けるべきとされているのに、Facebookに関しては少し違うものとして受け止められ、本名登録をしてもよいのではないかという印象があるのです。

mixiでも最初は「友達に発見してもらえるよう本名で登録することをおすすめします」ということで本名登録も多かったのですが、その後、詐欺などのいろいろなトラブルが増え、運営サイドも本名登録を強くすすめられなくなってしまいました。そういう意味でも、Facebookは異色なSNSと言えます。

もちろん「本名登録をしてもよいのではないかという印象」だけで人々がFacebookで本名登録しているわけではありません。Facebookは個人で詳細な設定変更が可能であり、情報によって見せることのできる範囲を変えることができます。自分が設定したグループ内だけに公開することもできますし、さらにごく親しい人にだけ絞ることもできます。

このように、情報公開のレベルを自分自身で設定変更することにより、たとえ本名が公開されていても、自分自身のさらなる個人情報が漏れることはないと安心できることがFacebookの本名登録者数が多い理由ではないかと考えられます。名前が知られているだけで何か被害があるわけではありません。住所や家族、繋がりなどがあって初めてある人物を特定できるわけですから、「名前くらい見えてもよい」と思えるのでしょう。

「Facebookが浮気向き」である理由は、この本名登録にあると考えられます。浮気相手として考えられるのは、

  • 現在・過去に繋がりがある相手(同級生や同郷の人、サークルや所属会社など)
  • Facebookで初めて出会った相手

と分けて考えられます。では、ひとつずつ解説していきましょう。


すでに繋がりのある相手/過去の繋がりを検索しやすい

Facebookは本名だけでなく、出身地や出身学校を登録することができます。それにより、名前だけでなく、同じ出身地や出身学校の人という条件で検索し、「誰か自分が知っている人はいないか」と探すこともできます。結婚後苗字が変わっている場合もありますが、出身地や出身学校(登録内容によっては卒業した年まで)を絞ることができるので、かなりの確率で誰かを発見することができてしまうのです。

登録者がどこまで情報公開しているかにもよりますが、Facebookで誰か昔の繋がりがある人を見つけたことのある人は、自分自身もそんなふうにして誰かに検索されることがあるかもしれないと考え、自分自身の情報も登録者全体に公開する設定にすることが多いのではないでしょうか。

実際、「昔の恋人を探してしまった」「昔好きだった人を検索したことがある」という人はかなり多く、ある調査によれば80%に上るという結果が出ています。さらに、検索できた昔の恋人・好きな人を友達として登録いる人は50%以上となっており、浮気をする気がなかったとしても、浮気に発展しやすい状況になってしまう・・・と言えるかもしれません。


Facebookで知り合う「知らない人」でも・・・

Facebookでは、友人として繋がっていない人の情報を見ることができますし、メッセージなどを受けることもできます。メッセージは設定により拒否することができますが、あまりにも「友人のみ」の設定にしてしまうと、現状以上に友人を増やすことが難しくなってしまいます。そこまで制限しなくともほとんど問題がない場合が多いため、誰からもメッセージを受けられるようにしている方が多いと考えられます。

それまで関わりがなかった人同士でも、メッセージのやりとりから徐々にお互いを知り合い、「友人」になる場合も少なくありません。ニュースフィードに投稿したコメントは無条件に「誰にでも公開」となりますので、投稿コメントをきっかけに意見が合えばそのままやりとりが続くこともあるでしょう。

そんなふうに、徐々に信頼関係を気づくことにより、「知らない人」が「友人」になり、実際に出会う計画を立てることがあってもおかしいことではありません。Facebook上のやりとりは、現実世界のやりとりと同じような経験として認識されるのです。

しかし、突然にメッセージを送ってきたあまりにも怪しい人物であれば、やはり警戒するでしょう。ところが、「おそらくは本名であろう」という名前で登録されており、その人にはその人の友人が何人か居て、普通にフィード上のやりとり(記事を書く、それに対してコメントをする、情報を共有する、「いいね!」ボタンを押すなど)があれば、その友人たちはあたかも「この人は変な人ではありませんよ」と言ってくれているように感じてしまうのではないでしょうか。

まったく知らない相手に対する壁が低くなってしまう・・・それがFacebookの特徴と言えます。


浮気予防にも使えるSNS
誰でも、誰からでも。Facebookの特徴ともいえるオープンさ故に、やはりこのSNSは「浮気向き」だと言わざるを得ません。しかし、何度かご説明したように設定は個人により異なりますし、夫婦、恋人同士でやりとりすることにより、逆に浮気予防にも使うことができるものです。

「Facebookで嫁の浮気を防ぐ3つの方法」

もし夫・妻、恋人がFacebookを使って不安を感じるようであれば、「浮気するかもしれない」とあれこれ考えてしまうよりも、Facebookを利用するようにしましょう。その人について改めて知ることも多く、よい関係を築くツールとして役立つものである、ということを覚えておいていただければと思います。