浮気と妊娠

妻の妊娠中に浮気をしてしまう男性の心理

5684740538_35b45945b6

なぜ男性は妻の妊娠中に浮気をするのでしょうか?
本当に、「妻の妊娠中は浮気をしやすい」のでしょうか?

この記事では妊娠中から「産後」も含めて、浮気に走る男性の心理について考えてみましょう。


一般的な理由はセックスレス

妻は単純に「自分ではセックスの相手ができないから」と考えるかもしれません。もちろん、それも理由のひとつです。妊娠中や産後はセックスができないわけではありません。(ただし、産後の一定期間を除きます。回復の程度によりますが、産後1か月程度は夫婦生活をやめるよう医師からの指示があります。)ところが、やはりつわりや体調不良、子宮・胎児の状態によっては、セックスを控えたほうがよい場合もあります。そこで、外へと相手を求めて出て行ってしまう・・・というわけです。

ただ、当然のことなのですが、妻が妊娠したからといってすべての男性が浮気をするわけではありません。上記のような理由で「浮気する確率が高くなる」というのは確かなことかもしれません。時折テレビや雑誌で見る「妻の妊娠中、夫が浮気をする割合」などもときどき聞きますが、公的なデータではありませんし、テレビでやるような20人30人のデータの信憑性は低いものです。統計学から見ても2000人ほどを調査対象にしないとあまり意味はありません。

テレビや雑誌は数字で不安をかきたてようとしているだけですので、「うちの夫もそうなの?」と決めつけないでくださいね。


「妊娠したから」はきっかけにすぎない

妻が妊娠したからといって浮気に走る男性は、妻が妊娠しなくても浮気に走る傾向があります。「妊娠したから」というのはきっかけにすぎません。男性の中でも「妻が妊娠したし、相手にしてくれないから」という言い訳となり、それが背中を押したように説明するかもしれませんが、何か別の言い訳があれば喜んでそれと差し替えるでしょう。単身赴任、妻が仕事や介護で忙しい・・・なんでもです。

ですから、過去の行動、普段からの言動で、「浮気しやすい男性」にはそれなりの対策を練る必要があります。結婚前の女性歴なども考えてみてください。結婚後、どのように信頼関係を構築してきたかも重要です。もちろん、その傾向がなさそうな男性でも、これを機にいろいろと考えてみてください。「100%浮気しない人」など、絶対にいないのですから。


性欲だけが要因ではない

セックスは重要な要因であるともいえますが、そうではないとも言えます。まったく冷え切った関係のセックスでいいのかといえばそうではありません。普段からの夫婦関係の延長上にあるもので、お互いの理解が非常に重要です。夫は妊婦の体調などについて勉強する必要がありますし、妻も「夫が我慢さえすればいい」という考え方では、セックス以外の部分でも円満とは言えないものになってしまうでしょう。

夫が求めているものは性欲的に満足することだけではないはずです。妊娠することによってできなくなってしまったことは何かほかにありませんか?たまに出かける時間や二人でゆったり過ごす時間のことも考えてみてください。今後長く夫婦として続けていくことを考えると、妊娠中の浮気を性欲やセックスだけで考えるのは危険です。


男性と女性の意識成長の違い

浮気をした男性に対してのお叱りの言葉に、このようなものがあります。
「これから父親になるというのに自覚が足りない」
「妻は大変な思いをしているのに理解できていない」

しかし、これはまったく本当にその通りなのです。男性と女性では、「父」と「母」として芽生える意識の成長タイミングが異なるという考え方があります。私もその通りではないかと思います。女性は体の変化を否応なしに自覚させられ、(妙な表現になりますが)常に妊娠している、これから生身で出産という体験を迎えるために痛みや苦しさを想像しなければなりません。それに対して、男性はそこまでの実感を持つことはできません。スタートラインが違うのです。

妻のお腹が徐々に大きくなる姿や胎動のあるお腹に触れることで芽生えてゆく自覚もありますが、女性のそれにはなかなか及びません。生まれて一緒に生活する中で、やっと男性の父としての自覚が芽生えてくるのではないでしょうか。さらに、妻が子供にとられてしまったような寂しさや、妻が母になったことの違和感が強い人もいるでしょう。

「自分と夫が同じ感覚である」「同じように親としての自覚を持っている・持つべきである」と思っていては、夫にとって少し酷なことではないかと思います。だからといって浮気をしてよいということではありませんが、妊娠の物理的な準備も、精神的な準備も一緒にしていこうというこころがけが大切なのではないかと思います。


夫婦も両親としての教育が必要

産後はこの「意識成長の違い」が顕著に出るときです。妻は赤ちゃんの世話を通じて母としての意識が最大限に強くなるときであり、夫は親としての意識が弱ければただ寂しさやつまらなさを感じるだけです。妻は育児疲れで夫どころではない・・・となってしまうかもしれませんが、それでは浮気の防止になりません。こころも離れてしまいます。

この時期に備え、そのような状況になるかもしれないということを妊娠中にわかっていてもらい、覚悟していてもらうこと、そしてそれに対して一緒に立ち向かってもらうだけの勉強をしてもらわなければならないと思います。頼むのはめんどくさい、自分でやったほうが早い。確かにそうかもしれませんが、それは夫をつまはじきにしてしまうことと同じです。素晴らしい育児パートナーの存在を自分から手放していることになります。

育児は親自身も育て教育する・される必要があるのではないかと思います。お互いへの働きかけが浮気への不安をなくしてくれるはずです。あなたの不安や不満を話すだけでなく、夫の本音にも耳を傾むけてみてくださいね。




浮気相手の子供かもしれない・3~DNA親子鑑定~

3080247531_bf04a5cbe5

次の記事を先にご一読いただくことをおすすめします。

「浮気相手の子供かもしれない・1~確認方法・検査についての考え方~」
「浮気相手の子供かもしれない・2~血液型と血液型検査~」


上記2つの記事でご説明した、

  1. 不貞行為がいつあったかによる妊娠妊娠時期の判断
  2. 血液型判断および血液型検査


いずれの方法でも、自分の子供か浮気相手の子供かが判断できなかった場合、最後に残る手段がDNA鑑定です。

不貞行為を証明するためのDNA鑑定については、法的に定められているものがありません。しかし、DNA鑑定の鑑定結果の正確さ(99%以上と言われています)については非常によく知られているものであり、検査・鑑定結果自体は十分信頼に足りるものとして裁判の証拠にも使われます。

ただし、鑑定結果を裁判の証拠として使用するには一定の条件を満たす必要がありますので、このあたりも含め、DNA親子鑑定についてご説明していきたいと思います。


DNA親子鑑定とは?
DNA親子鑑定とは、人間の細胞に含まれる「DNA」を採取し、そのパターンを読むことで親子関係にあるかどうかを調べるという方法です。遺伝子情報を担っているDNAの核酸塩基配列、その繰り返しの回数は人によって異なり、その人、あるいは親子、血縁関係などを証明することができます。

DNA鑑定というと血液採取を想像されるかもしれませんが、唾液や体液、尿、毛根などからも採取することができます(最近の技術では、抜け落ちた髪の毛などからも判定は可能とされていますが、やはり「高度な技術が必要」というレベルです)。


DNA親子鑑定をするには?
DNA鑑定は、一般的な病院では実施してもらうことができません。事件や事故等でDNA鑑定が必要であると公的な機関により依頼された場合のみ実施され、個人の依頼を受けることはないとされています。一方で、DNA鑑定をしてくれる民間の機関は多く、個人的な鑑定(公にしないもの、裁判で使用しないもの)に関しては4~5万円程度で依頼することができます。

中には、検査依頼を日本で受け付け、実際の検査を海外に委託するような業者もあります。この場合、費用はさらに低くなることが多いのですが、よく条件を知り、信憑性が欠けるものにならないかを確認する必要があります。信頼できる機関・業者を探偵や行政書士を通じて紹介してもらうのもよいでしょう。


DNA親子鑑定を裁判の証拠にするには?
案外安くできるんだな・・・と思われた方も多いと思いますが、上記の費用はあくまでも「個人的に知りたい場合」であり、法的に効果のある「証拠」として使うとなると、一定の条件を満たす必要があります。

条件とは、経済産業省による「個人情報保護ガイドライン」に則って定められたものです。

・インフォームド・コンセント(鑑定に対する同意)を得なくてはならない。
・適正な人物の立ち会いがなければならない。

そのため、証拠を黙って採取する場合には裁判の証拠に使えません。どこから証拠を持ってきたのか?本当に該当本人のDNAなのか?ということが確定できないためですし、もちろんプライバシーに関する問題も大きいところです。むやみに第三者のDNAを鑑定することもできてしまうわけですから、本人のものと証明する立会人は重要です。

もし、とりあえず親子でないことを証明し、正式な裁判に持ち込むための手段として「私的鑑定」をした場合には、その証拠を以って妻や浮気相手と話し合い、その後もう一度「裁判用の鑑定」をする必要が出てくるでしょう。裁判用鑑定は法的鑑定とも呼ばれ、鑑定書などの依頼をすることもできます。価格は10万円以上を見込んだほうがよいでしょう。


出生前DNA親子鑑定は可能?
出生前DNA親子鑑定とは、生まれる前の赤ちゃんが父親の実子であるかどうかを確認することができる検査です。以前は妊娠中の母親から羊水(子宮内に満たされる水)を採取し、それにより検査を行っていました。しかし、羊水の採取は「お腹の外から注射針を刺す」という方法で行われ、流産のリスクを伴うと考えられています。今でも行われることのある検査ですが、可能な限り避けたいものです。

羊水検査よりも安全な方法として開発されたのが、母親の血液検査によるDNA親子鑑定です。母体の血液中から胎児のDNAを採取するという方法で、これなら流産のリスクもありません。

出生前DNA親子鑑定は、病院の協力がなければ行うことができません。病院は一存で鑑定の実施を決定するわけでなく、さらに弁護士や行政書士などの立ち会いも必要になります。今後の裁判の展開を見据えて行うべき鑑定であるということを認識しておいてください。


さいごに
「浮気相手の子供かもしれない・1~確認方法・検査についての考え方~」でも申し上げた通り、事実が判明した後にどうするかということが最も重要です。検査・鑑定が必要か、どのように実施するかを考えながら、さらにその先を考えるのは非常に難しいことですが、弁護士や行政書士にも相談し、納得のいく結果が得られるよう可能な限りの対応をしましょう。もちろん私たち探偵もお手伝いさせていただきます。



・・・なお、DNA親子鑑定が唯一通用しない例があります。
妻の不倫相手があなたの「一卵性双生児の兄弟」であった場合、DNAは同じと推定されますので。
なかなかないことですが、念のため。





浮気相手の子供かもしれない・2~血液型と血液型検査~

3366638211_55e88161a4



「浮気相手の子供かもしれない・1~検査についての考え方~」の続編です。
夫の立場である方が、自分の子供に対して「浮気相手の子供なのでは?」という疑惑を持った場合の対応についてご説明しています。


1においては、不貞行為があったかもしれない時期を推定し、自分の子供かどうかを確認してみるといった方法をご紹介しました。しかし、やはり過去の記憶となると非常にあいまいになりますし、ご自身のことであっても時間をさかのぼって思い出すのは難しいものです。

また、もしも時期がはっきりしたとしても、妻と浮気相手が二人があっていたという証拠がなければ、自分の子ではないということを認めさせるのも難しくなります。この記事では「証拠」に触れる部分である血液型と血液検査について考えたいと思います。


血のつながりをはっきりさせる血液型
次の表は、親の血液型と、それにより生まれる子供の血液型をまとめたものです。

◎=80%以上
(ただし、O型×O型についてはほぼ100%と言われています。遺伝子の関係で、稀にAB型が生まれる場合もあります。)
〇=50%以上
△=50%以下
ごく稀にありうる=ほとんど可能性はないが、遺伝子の関係で、まったくないとは言えない。
可能性がない=現代の医学において可能性がないと言い切ることができる



血液型は、親子の血のつながりをはっきりさせる手段の一つです。

小学校で血液の遺伝を習い、自分の親が本当の親でないことを知ってしまった・・・という話を時々聞きます。ドラマの中のことのようですが、実際にあることで、これを機に本当のことを話さざるを得ない状況になるご家族もあります。もちろん、事情は浮気だけではありません。子供のできない夫婦に養子として引き取られるなど、複雑な事情もあります。しかし・・・

「浮気相手と自分とが同じ血液型でなら、血液型からはまったく浮気の可能性を探れないのではないか?」

その通りです。
ですが、考えてみてください。「子供の本当の血液型」をあなたはどのようにして知りましたか?
大変残念なことではありますが、母であればこそそこから嘘をつくことも可能なのです。実は、現在多くの産婦人科が生まれたばかりの赤ちゃんの血液検査を実施していないのです。(検査する産院もあります。)

理由は、次の2点であると考えられています。
  1. 医学的に必要がないということ(輸血等の必要がなければ、子供の血液型によって変わる対応はありません)。
  2. 生まれたばかりの赤ちゃんの血液型が安定しておらず、正しい結果が得られないこと。
必要もなく、実施しても誤った結果が出るかもしれず、もし知りたければ1年後をおすすめされるそうです。万が一輸血などが必要になる場合には、必ずその直前に血液型の検査が行われます。そういった意味でも、出生直後の血液型検査は重要視されていない、だから実施されていないことが多いのです。

血液型については戸籍のような法的な書類もありません。妻が言ったままの血液型は、もしかしたら妻が夫であるあなたとの血液型を計算上掛け合わせただけのものかもしれないのです。


子供の血液検査はどこで?

子供の血液検査は、内科・小児科といった病院で簡単に実施することができます(ただし、保険適用外ですので自費となります)。ですが、やはり子供の心の面を考えてみても、いきなり血液検査では驚くことでしょう。ただでさえ大人の事情に付き合わされているのだということを忘れず、無理強いをさせるようなことは避けていただければと思います。

血液を採取せずに血液型を調べる方法もあります。「血液型検査キッド」などのキーワードで検索していただければ、唾液で血液型を判定することができる検査キッドを見つけることができますので、説明を十分に読んだ上で購入してみましょう。学校での教材などにも使われるもので、病院に行く必要もなくご自宅で検査することが可能です。


気を付けるべきこと
これは私の探偵事務所のお客様ではなく、知り合いの事務所でのお話ですが・・・。

生まれた子供の血液型が親の血液型と違う、と、あわてていらっしゃった男性の方がいたそうです。その産婦人科は出生後すぐに血液型検査をする産院でした。自分はO型であり、奥様はB型。なのにお子様はA型でした。上の表を見ていただければわかるように、O型とB型では、O型とB型の子供が生まれます。それ以外では「まれ」であっても有りえません。

生まれたばかりの子供だから安定しないのでは?という説明も一応したそうですが、O型とB型では、やはり間違っていたとしてもO型かB型、どちらかの確率が高いはずなのです。親の血液型要因抜きで全然違う型が出ることは、ちょっと考えられません。

しかし、友人には思い当たる節がありました。それで、このように聞いてみたそうです。
「Mさん(相談者)、あなたご自身は本当にO型ですか?」と。

この言葉により、Mさん自身も検査をしてみたところ、MさんはA型でした。28年間もO型だと思い込んでいたそうで、一番驚いていたのはご本人だったそうです。Mさんは自営業で、会社を通じての健康診断などもなかったようなのです。28歳と比較的お若いこともあり、病院にお世話になることもほとんどなかったのだということでした。友人曰く、「性格的にもO型に見えない」と思ったそうですが(そのあたりは個人差の世界ですので、もちろんMさんには言っていません)。

このエピソードのように、血液型による判定には、子供の血液型だけでなく、両親の正確な血液型も必要だということを忘れないでくださいね。


* * *



さて、もしも浮気相手とあなたの血液型が同じか、あるいは、血液型は違っても子供の血液型が「確率的に有りうる」ものであった場合、血液検査による判定は難しくなります。そこで、次の記事では、さらに自分の子供かどうかを判定できる可能性の高い検査についてご説明します。


「浮気相手の子供かもしれない・3~DNA検査」(後日公開)




浮気相手の子供かもしれない・1~確認方法・検査についての考え方~

6046308701_ea520c1da9


私の探偵社にやってこられる男性のお客様の中には、「自分の子供が本当に自分の子供であるか不安だ」という相談を持ってくる方も多くいらっしゃいます。今回はそのようなケースについてお話したいと思います。当然のことですが、これは男性である夫、特有の悩みです。女性の場合、自分の子の父親がわからないということはありますが、間違いなく自分の子供ではあるわけです。これにより離婚後の事情も変わってきます。

夫婦の間に子供がいるとなると、夫婦の離婚だけで済まされない話であり、子供の精神状態を考えてもデリケートに扱わなけばならない問題です。もしその子供が浮気相手の子供だったとしても、自分の子としてこれまで育てられているのであれば、さらに慎重に考えていかなければなりません。

では、もし自分の子供が浮気相手の子供かもしれないという疑いを持ったとき、それを証明する方法や検査について、どう考え行動するべきか、一緒に考えていきましょう。


検査しないほうが平和?
もうすでに一緒に生活しているのだから、本当のことがわからないままでもいいのではないか。
誰もが悩むところです。これもひとつの方法だと思います。しかし、多くの方はそうできないからこそ私に相談しに来るのです。

私は今後のトラブルを回避するためにも、確認できる方法で確認したほうがよい、とアドバイスしています。いきなり血液検査やDNA検査を持ちかけることはありません。後ほどご説明しますが、その前にできることをまず試してみたほうがよいです。

それ以前に、子供が自分の子供ではないかも・・・と疑惑を持ったまま、この先何十年も過ごすことを考えてみてください。もし自分の血を分けた子供ではないとわかっても、一緒に過ごす覚悟ができるのとそうでないのとではまったく違います。また、奥様と離婚することになり、親権を奥様が持った場合、そのままでは自分の子供ではないのに養育費を支払わなければならないかもしれないのです。

円満で前向きな離婚であればまだしも、そうでなかった場合、あなたは支払う気になるでしょうか?

※結婚後にできた子供は「嫡出推定」といい、民法上、その夫婦の実子であると考えられます。「自分の子でないとわかる」ことが、「養育費を支払う義務がなくなる」ということに直結するわけではありませんが、「嫡出推定」を否定するために必要な事項となります。


検査をして、結果がわかったあとにどうするのか
検査をする前に考えなければならないことがあります。
検査をして、もし自分の子供ではないと分かった時にどうするかということです。実際わかってみなければわからないということもありますが、それでもまったく考えずに飛び込むより冷静に対応することができるはずです。完全にどうするかを決定するまで考える必要はありませんが、「どこに自分の判断が必要になるか」はピックアップしておいたほうがよいでしょう。

もし子供に兄弟がいれば、兄弟への対応も考えなければなりません。離婚するのか、妻の子であることはかわらないのだから育てるか。もし相手の男性に心当たりがあるのであれば、その男性に対してどう対応するか。考えるべきことは、結果が判明した後のほうがずっと多いのです。確認すべきこと、自分が決めるべきことを整理し、少しでも準備をしておきましょう。


もし妊娠何か月かがわかれば
「検査」ではありませんが、ひとつ具体的な方法をご説明します。

子供の誕生日、あるいはまだ生まれていない胎児である場合にも妊娠何か月かがわかれば、だいたいどれくらいのときに妊娠した(=不貞行為に及んだか)ということを計算で導き出すことができます。お子様が何歳何か月かを確認し、計算してみてください。また、妊娠中の場合には、正確に何か月であるかを確認するようにしましょう。

妊娠したタイミングを知るためには、次のような情報を揃えなければなりません。

  • (すでに誕生している場合)誕生日
  • (すでに誕生している場合)妊娠何か月で生まれたのか。
  • (現在妊娠中である場合)現在妊娠何か月か。
※現在妊娠何か月であるか、あるいは出産予定日でもよい。出産予定日は「妊娠10か月」にあたるので、逆算することができる。


「妊娠何か月」がわかったら、その分逆算すればいいのですが、妊娠の月・週の数え方は少し特殊です。1か月はぴったり4週間で計算されますし、妊娠1週、2週はまだ妊娠しておらず、妊娠3週目からが本当の受精後・妊娠期間になります。

例:
妊娠3か月(満12週)
・・・受精のタイミングは10週間前と予想される

妊娠9か月(満36週)で誕生した満3歳の子供
・・・受精のタイミングは誕生日(3年前)から34週間前と予想される


妊娠何か月か、何週であるのかは母子手帳を見るとわかりますが、母子手帳には妊婦の体重なども書いてあり、見せてもらえないかもしれません。気軽に「今って妊娠何週目なの」と聞いてみてください。

受精のタイミングがわかったら、少しでもその日がどんな日であったのかを調べてみましょう。妊娠日の計算には多少の誤差もありますので、前後1週間程度の予定も調べます。仕事で出張にでていなかったか?妻は実家に帰ると言っていなかったか?などの情報を探してみてください。

数年前もこととなるとなかなか難しいのですが、仕事の記録、スケジュール帳、携帯やパソコンに入力してあるスケジュール、ブログやSNS(Facebookやmixiなど)を駆使してさかのぼってみてください。



***


次の記事では、具体的な検査に触れていきたいと思います。
浮気相手の子供かもしれない・2は「血液検査」についてご説明します。