浮気チェック

携帯メールで旦那の浮気を調べてもいい?危険な3つのケース

5227087915_e7b4b7e15a


旦那さまの浮気が判明したのは、携帯の「メール」で浮気相手とのやりとりを見たからである。
多くの女性がそのように答えています。

私は探偵として、積極的に旦那さまの携帯メールをチェックして浮気確認をするようおすすめすることはありません。まずは 携帯の扱い方や反応などから浮気をしているかどうか確認していただきたいと思っています。(もちろん、見ることによって得られた情報については活用しますが・・・。)

ただし、状況によっては依頼者様の判断にお任せするしかありません。例えば、もう浮気をしていることが確実で、どうしても相手をすぐに確認したい、とにかく携帯をチェックしたい、とおっしゃられる場合には「絶対に携帯は見ないで下さいね」とも言えないのです。携帯電話がキーになってしまう浮気調査もたくさんあります。

もしもどうしても携帯を見たいと思っている方は、次のようなケースがあることをよく頭において、行動してみて下さい。


1.「携帯を見た」ことに旦那の怒りが集中してしまうケース

中には、携帯から浮気をしていたことがわかると素直に「浮気をしていた」と認める旦那さまもいます。このような場合には殆ど「携帯を見た」ことに関してはスルーされ、浮気そのものに問題の焦点が当てられるので、夫婦間での話し合いは進みやすくなります。

しかし、普段から自分の行動を「正当化」しがちな旦那さまはまず携帯を勝手に見たことに怒りだし、問題を浮気から携帯に摩り替えようとします。プライベートを侵害した人間のいうことなど聞けない・・・という強硬な姿勢を見せる方もいます。
携帯以外のところからの証拠を十分に集めたほうがよいケースです。


2.浮気相手を特定できないケース

携帯電話のメールさえチェックすれば浮気相手がすぐにわかると思い込んでいる方も多いのですが、実はそうでもありません。インターネット上には経験談として目立ちますが、「浮気をしていること」がわかっても、「浮気相手の特定」には至らないことが多いのです。

浮気をしている旦那さまも、浮気相手がわからないように工夫をしています。登録名を会社の部署名にしたり、男性の名前や店の名前にしたりと、あなたに携帯をチェックされることを警戒しているのです。そのような場合は浮気相手とのメールも大抵消去されています。


3.携帯を見なければ安心できなくなってしまうケース

1度携帯電話を見てしまったことにより、その後もずっと携帯電話のチェックを続けてしまう女性は少なくありません。少しでも怪しいものがあれば不安になってしまい、場合によっては女性とメールしていただけでも浮気を疑うようになってしまうのです。

そうなると、夫婦関係はなかなか平穏にはなりません。旦那さまも信頼されていないことを知り(もちろん自業自得ではあるのですが・・・)、夫婦関係を続けることに自信をなくしたり、束縛されることを嫌がってまた浮気に走るなど、夫婦関係の修復が難しくなってしまいます。かろうじて結婚生活は続けられても、精神的なバランスを崩す方も多いのです。


自分自身のことも考えて行動を

携帯電話から浮気調査をしようと考えている方は、上記のようなリスクをよく考え、強い不安があるのであれば他の方法を取るようにしましょう。浮気の証拠は他からも調査できます。

また、その段階によって適切な行動がなにかは変わります。その行動がをすべきは「今ではない」かもしれません。離婚なのか、修復なのかということもよく考えながら行動して下さい。








嫁が浮気?浮気チェックポイント10

2772452526_9ebc7f3f1e


このサイトでは、探偵である私が女性であるゆえに「女性の立場からみた夫の浮気」が多くなっています。しかし、探偵社への依頼は、もちろん男性の方も多く見られます。婚約中や恋人の場合もありますが、やはり多いのは結婚されている方です。

なお、本題とは少し離れますが、奥さんのことを「嫁が・・・」という方がなかなか多く、「嫁・浮気」での検索も多くされているようなので、この記事では「嫁が浮気をした」ということについて書いていきたいと思います。

奥さんのことは「奥さん」「嫁さん」「妻」「カミさん」「ママ」「おかあさん」などなど、いろいろな呼び方がありますね。家の中と外でも変わるでしょう。そのような呼び方でも家・夫婦の雰囲気の違いがあるのかもしれません。

では、嫁が浮気をしているかもと疑いを持ったときに注意すべきポイントを挙げていきます。ご参考にしてくださいね。



嫁が浮気をしているかも?チェックすべき10のポイント

さて、嫁が浮気をしているかもしれない、と考えている方、次の浮気チェックポイント10つについて考えてみて下さい。(原因がはっきりわかっているものについては数に数えないようにしましょう。)

  1. 夫婦の会話が少なくなった。特に自分の昼間の行動を言わなくなった。
  2. 以前は言っていたのに、自分への不満や文句を言わなくなった。
  3. 「飲み会」「急な打ち合わせ」など、夜の外出や帰宅が遅い日が増えた。
  4. 以前よりお化粧・ファッションに時間やお金をかけるようになった。
  5. 相談なく仕事を始めたり、逆に仕事をやめたりしていた。
  6. サークルなどの団体に所属した。習い事を始めた。
  7. 別室で寝るようになった。夜の夫婦生活を拒む。
  8. どこに行くにも携帯電話を手放さなくなった。またはパソコンばかり触る。
  9. 家事がおろそかになっている。
  10. 結婚指輪をはずしているときがあるようだ。

1~4つあてあまる程度であれば、浮気でなくてもよくあることです。
しかし、5つ以上当てはまる場合、「家の中でのこと」「家の外でのこと」両方が必ず含まれており、嫁の行動範囲が広がっていること、家での行動が以前と変化していることがわかります。浮気をしている可能性も高いと考えられるでしょう。

ただし、あまり疑いすぎてもすべてがすべて怪しくなってしまい、逆に不審に思われてしまう可能性もあります。ほかの原因も考えつつ、客観的に判断するようにしましょう。


嫁の浮気に気付きにくい理由

嫁の浮気に対して、「兆候は以前からあったのに、気付くのにずいぶんかかってしまった」ということはよくあります。時既に遅しで、嫁の心はすでに夫から離れてしまっていることも多く、また、既に離婚準備を着々と進められてしまっていたというケースも多いです。

仕事で自宅を空けることが多く、生活がすれ違いになってしまっているというのも大きな理由のひとつではありますが、やはり嫁に関する関心の低さが問題であるかと考えられます。嫁が浮気していることに気付きにくいというだけでなく、「変化」そのものに気付きにくくなってしまっているのです。嫁の趣味をしらない・・・!という方なども要注意です。

これは離婚のための浮気の証拠を見つけるのにも非常に不利なこととなります。嫁に対して十分に注意を向けることが、結局のところ浮気を予防する最大の対策となることを忘れないで下さい。おふたりで会話できる時間を大切にしてくださいね。








携帯電話から浮気を確認できる8つのポイント

2354608916_94cc4cab9a


携帯電話はさまざまな連絡ツールとして大変役に立つものですが、浮気をする人にとっても大変便利な連絡ツールとして役立ってしまうものです。ただし、やはり浮気相手との連絡に使っていると、普段よりも不自然な点が目立つようになります。

ある意味で携帯電話は「浮気を発見するツール」と考えてもよいでしょう。もちろん、1、2日という短期間で見るのではなく、1週間程度時間をかけて携帯電話の扱いを観察し、浮気をしているかの確認をしてみてください。

ただし、「ロックを解除する」「荷物にしまいこんである携帯電話を許可なくひっぱり出す」といったことはやめておきましょう。携帯電話の扱いを見るだけでも浮気を確認することはできるのです。

この記事では携帯電話から浮気を確認できる8つのポイントをまとめました。当てはまる項目が多いほど浮気の可能性が高いと考えてください。
もちろん浮気でない可能性もあるため、【浮気ではないかも?】という考え方も記入しました。冷静に考えてみてください。


1. 携帯電話をロックしている。

携帯電話を手にしてから、いつもいきなり4桁の番号を打つようなしぐさをしていないか見てみましょう。また、ロックしてあるかどうか程度であれば携帯電話のボタンをひとつ触るだけでもわかります。

【浮気ではないかも?】
小さな子供がいたり、仕事でバックルームに電話を置いたままにすることがある場合などはロックを使うこともあります。


2.以前よりも着信やメールが増えた。

浮気相手との連絡手段に使っていれば、当然着信やメールは増えます。ただ、3の「着信やメールがわからないようにしている」ほうが、どちらかというと怪しいと考えられます。

【浮気ではないかも?】
メールマガジンを増やしたためメールが増える可能性はあります。また、新しい知人とのやりとりが増える時期、イベントなどもありますので、最近どんなできごとがあったのかもあわせて考えるようにしましょう。


3.着信やメール着信をわからないようにしている。あるいは着信やメールの中に、サイレントやバイブレーション設定にしているものがある。

メールや着信があるとメロディが流れる設定になっているものの、すべてではなく、いくつかはサイレントやバイブレーション設定になっている場合、浮気相手からの連絡をあなたに悟られないようにしている可能性があります。

【浮気ではないかも?】
メールマガジンやニュースマガジンなど、特にすぐ確認する必要がないものについては、サイレントやバイブレーション設定にしている可能性もあります。同じ時間に必ず送られてくるメールなどは、ショップやゲームサイトのメルマガである可能性が高いでしょう。


4.入浴やトイレにも携帯電話を持ち歩く。

非常に浮気をしている可能性が高い行為です。可能であれば、本人が入浴している時、携帯電話をどんなふうに置いているか確認してみて下さい。服やタオルで隠すようにしている場合は一層浮気の可能性が高いと考えられます。

【浮気ではないかも?】
仕事で重要なプロジェクトが進んでいる、友人や親族から緊急の連絡を待っているなどの可能性もあるかもしれません。ただ、これらはあなたに隠す必要はないことですので、表情なども見て何かあるのかと声をかけてみるほうがよいでしょう。2,3日こういったことがあり、その後はなくなったということであれば、浮気の可能性は低いでしょう。


5.充電をいつしているのかわからない。自宅で充電しない。

「別の場所で充電している」可能性が高い状況です。自宅で携帯電話を持ち歩くために、職場や車の中で行っている可能性もあります。

【浮気ではないかも?】
充電の頻度がかなり低いというだけであれば、携帯の使用頻度が低いだけであり、浮気の心配ないでしょう。家に充電器を置いていない場合は、気をつけて他の行動にも目を配るようにしましょう。


6.こどもやペットの写真にしていた待受画面を、他のものにしてしまった。

浮気相手に自分の家庭を見せないために、こどもの写真やペットの写真を使っていた「待受画面」、スマートフォンの「壁紙」を、別のものに変えてしまうこともよくあります。

【浮気ではないかも?】
こどもがもう大きくなっていたり、仕事で携帯の画面を見られる状況が多くなれば、こどもやペットの写真を使わない可能性もあります。


7.SNS(ブログ/Twitter/Facebookなど)を使う頻度が高くなった

ブログ、Twitter、FacebookなどのSNSで、浮気相手とのやりとりを行っている可能性があります。また、あなたに伝えていない旅行や食事などについても書いているかもしれません。

【浮気ではないかも?】
ブログ、Twitter、Facebookは、浮気をしていなくてもチェック頻度が高い人は多く、画面を見る機会がなければなかなか判断することができません。また、特に登録しているSNSのことを隠してはいないがあなたと繋がる(「読者になる」「フォロワーになる」「友達になる」など)のを嫌がる、というのは、浮気をしていなくてもよくあることです。浮気はしていなくとも、愚痴ぐらいは書いているかもしれません・・・。


8.あなたに見えない場所で携帯を扱う。

着信やメールがあったあと、その場で携帯を扱わず、どこかに行ってから確認している、あなたの見えない場所で携帯を扱っているなど場合には、非常に浮気の可能性が高くなります。その他、普通に部屋で携帯を触っていたはずなのに、あなたが来たら急に席を立つなどの行為が見られた場合も気をつけましょう。

【浮気ではないかも?】
ゲームや競輪・競馬など、携帯電話からお金を使い込んでいる可能性もあります。クレジットカードの明細などもチェックしてみましょう。



* * *

浮気を確認できる8つのポイントをご紹介しました。すべてのポイントにおいて「そうではないかもしれない」という考え方があります。最初から浮気と決め付けて考えてしまうと、他のちょっとしたことでもすべて怪しいと感じるようになってしまい、混乱の元になります。

ですから、あくまでも冷静に、丁寧に検証するようにしましょう。「確認」が「確定」になるまでは、きちんと時間をかける必要があることを忘れないでくださいね。







浮気の判断チェックポイント11点+浮気ではない可能性も考える

7623744452_7222654f38


夫や妻が浮気をしているかもしれない・・・。

1度そんなふうに感じてしまうと、自分自身で状況を冷静に考えるのが難しくなってしまいます。浮気による行動ではなくとも、何もかも怪しいと感じるようになってしまうのです。そうなれば、過去、特に浮気のことを気にしていなかった時期の行動まで怪しいと感じてしまいます。

無理もないことなのですが、それではあまりにも冷静さを欠き、きちんとした浮気の判断ができません。まずはパートナーを信じることが重要です。「浮気かもしれない」と思うよりは、「浮気ではないかもしれない」というところからスタートしましょう。

しかし、パートナーを信じるといっても気になる「証拠」のようなものがたくさんあれば、信じにくくなってしまいます。そこで、ここではできるだけ冷静に浮気かどうかを判断できるよう、証拠の検証方法について考えてみたいと思います。

この段階で「自分だけではうまく考えることができない」という方は、ひとりで深く考えるのをやめ、法律事務所や行政書士、必要になる証拠については探偵や調査会社、興信所に相談することをおすすめします。その中で考え方を指示してもらい、できるだけ早期の解決を目指しましょう。


浮気チェックポイント
これまでご説明してきたように、夫や妻、婚約者、恋人の浮気を判断するポイントはたくさんあります。インターネットで検索すれば、どういったことが「怪しい」か、ということも書いてあります。当サイトでも紹介した内容でありおさらいになりますが、下記にまとめてみました。

【浮気判断チェックポイント】
  1. 行動に矛盾点があり、言い訳をする。話のつじつまが合わない。
  2. 交流範囲、行動範囲が変わり、新しい人の名前を言うようになった。
  3. それまで興味のなかったブランドに詳しくなった。
  4. あなたの行動に対して確認が少なくなった。
  5. 腰をすえて会話をする、向き合って食事をするなどの回数が減った。
  6. 帰宅するとすぐに入浴するようになった。
  7. 子供のことを優先しなくなってしまった。
  8. どこにでも携帯電話を持ち歩き、着信やメールを気にするようになった。
  9. パソコンの使用時間が増えた。
  10. mixiやFacebookの利用を始めた。利用時間が増えた。
  11. あなたの知らない場所での出費がある(レシートなどから判明)。

チェックに当てはまっても「浮気ではない」可能性もある
「浮気チェックポイント」をみてみて、多くのものに当てはまる場合には「浮気をしている可能性が高い」と判断できます。ただし、「すべてのチェックポイントにあてはまっても浮気をしていない可能性がある」ということを忘れないようにしましょう。

浮気を疑うことよりは、まず次のような点を冷静に考えてみてください。

「最近、お互いのコミュニケーションが減っていないか」
「自分自身が夫・妻に対して誠実な態度を取っているか・話しやすい状況を作っているか」

十分に会話があれば、最近興味があることや、仕事や趣味でどんな変化があったかということもわかります。浮気ではなくとも、仕事や趣味で変化があれば、浮気チェックポイントにも当てはまってしまうようなことも十分ありうるのです。

あなたの心配は、夫や妻が浮気をしているかどうかということではなく、「夫や妻が何をしているのかよく知らない・よくわからなくなってきている」ということかもしれないのです。


浮気でなかったとしても・・・
浮気チェックポイントのいくつかに当てはまり、しかしながら浮気ではなかった場合、次のような原因が考えられます。浮気かもしれない、と思った場合には、次のような可能性はないか?と考えることで冷静に検証することができます。

  • パチンコや競馬、競輪などのギャンブルにはまっている。
  • 漫画喫茶、カラオケなどの趣味にはまっている。
  • 上記の理由により借金がある。
  • 以前の会社を解雇されており、別の場所で時間をつぶしている。
  • 以前とは違う会社で働いている。
  • アルバイトをしている。
  • 趣味の仲間で新しいコミュニティーができた。
  • 趣味はお金のかかるものである。
  • 夫・妻の趣味はあなたが理解を示していない趣味である。

このような原因であれば、会話を重ねることによって話を引き出し、解決の糸口がつかめる場合もあります。おかしいなと感じても、いきなり浮気だと判断せず、まずは普段の生活の中でできるだけ話をするようにしてみてください。探偵事務所や調査会社の力を借りるのは、その後でも遅くありません。

なお、「会話をしようとするとどうしても言い合いになる」「少しでも何かを聞き出そうとすると暴力をふられる可能性がある」といった場合には、第三者による早いうちの判断、援助も必要になります。





携帯電話で夫の浮気がわかったら

179573530_349c47676a


多くの既婚女性、妻である方々が夫の浮気に気付くのは、携帯電話に関することです。

携帯電話の扱いは、浮気中か、そうでないかで大きく変化するためでしょう。 それまで携帯電話を適当な場所に置いていた人が、いきなりどこにも持ち歩くようになれば不審そのものです。

しかし、やはり浮気をしている人の多くが「浮気中に携帯電話を放置する」ことなどできず、部屋に置き忘れることがなくなったり、トイレや入浴の際にも持ち歩いたり します。

もし、あなたの夫にこのような変化が見られた場合、どのように行動すべきでしょうか?


いきなり相手を割り出そうとしない
浮気をする人は、携帯電話を見られないように警戒します。その理由は浮気をしていることそのものを隠すためでもありますが、さらに言えば「相手を特定されることを恐れている」ためです。

相手さえよくわかっていなければ、浮気だとは思われないかもしれない、ごまかせるかもしれない・・・と、安易に考えている人が多いのです。

もちろん、実際にそんなことはありません。あなたの夫も普段と違う状況にいて、冷静な判断ができなくなっていると考えましょう。

ただし、ごまかしが利く段階で問い詰めてしまっては十分な証拠を得ることもできなくなってしまいます。まずはあなた自身も冷静になり、携帯電話からいきなり相手を知ろうと思わないようにしましょう。

警戒され、「携帯電話では一切連絡のやりとりをしないようにしよう」と思われては、浮気の調査がやりにくくなります。そして、夫が携帯電話を使わなくなったからといって、浮気をやめるわけではないのです。


携帯の中を見なくてもわかることをまずチェック
無理に携帯電話の中を見ようとすると、見たことがばれて調査がしにくくなる可能性があります。携帯電話を開いて中をみなくてもわかることがありますので、まずはそれらの情報をしっかり集めるようにしましょう。

  • いつごろから携帯電話の扱いが変わったか。
  • 暗証番号などでロックを解除している動作が見られ始めたのはいつごろか。
  • 着信が多いのか、メールが多いのか。
  • 着信やメールが多いのはどの時間帯か(細かい時間などもメモしておきましょう)。
  • 着信音を変えたり、家なのにサイレントモードにするなどしていないか。

なお、浮気を原因に離婚する場合、携帯電話のメールなどは浮気の証拠として認められにくい傾向があります。携帯電話からわかる情報は、あくまでももっと有力な情報を得るためのものとして捉えてください。


固定電話のチェックも忘れずに
固定電話は夫に許可を得ることなく情報を得ることができる重要なものです。着信履歴を残せるサービスを申し込んだり、細かくリダイヤルの番号をチェックするようにしましょう。

浮気相手が自分の番号を非通知にしている場合もありますが、それでも電話がかかってきた頻度や時間帯を知る重要な手がかりとなります。また、誤って非通知設定を忘れてかけてくることも大いにありえます。電話をかけた夫がリダイヤルの記録を消し忘れることもあります。

無言電話が増えた、公衆電話からの着信が増えたなどのこともしっかり記録しておきましょう。記録はメモではなく、デジカメなどで日付や時間ごと撮影し、画像で保存しておくことをおすすめします。メモは書き換えたり嘘を書くこともできますので、証拠として十分ではないからです。

それとは別に、どのくらいの時間に電話がかかってくることが多いのか毎日の動向がわかるようなメモがあると、新しい証拠探しに役立ちます。





浮気調査・携帯電話を許可なく見てもいいの?

538623646_b2ef3e4e36



「パートナーの着信履歴から浮気相手がわかった」
「メールのやりとりで浮気していることがわかった」

など、携帯電話から浮気が判明したというお話はよく耳にします。浮気を確かめるために、携帯電話を見てみたいと考えているという人も少なくないでしょう。

しかし、浮気調査のひとつとして「許可なく携帯電話のメール(その他着信履歴や発信履歴)を見る」ということはおすすめできません。

その理由を詳しくご説明します。


証拠として認められない場合も多い

まず、夫婦間や婚約者同士、付き合っている者同士とはいえ、携帯電話を持ち主の許可なく見るということは許されていないということは頭に置いてください。プライバシーの侵害や個人情報の取り扱いにおいて問題のある行為です。

例えば、本人の許可なく携帯電話から浮気のやりとりがわかるメールを印刷したり、画面をデジカメで撮影して浮気の証拠としたとします。 しかし、この証拠を得た方法自体がまず「反社会的な手段である」と裁判で判断されると、浮気の証拠としては認められません。

もしパートナーが浮気を認めれば、証拠になりうる場合もあるようです。しかし、どんな形でメールを見たかという点はあなた自身に問われてしまいます。あまりにも反社会的な方法であれば(しまいこんであったものを盗み出したような状況など)、パートナーが浮気を認めていても、その証拠は証拠として認められない可能性が高くなってしまうのです。

また、メールは「データ」であり、後で内容を変更できるものです。印刷の場合はあなたがメールの内容を変更している可能性も疑われるかもしれません。画面を写真で撮影した場合には、撮影した中に十分な日付や内容が入っている必要があります。


逆に訴えられる・罰せられる場合も
パートナーが浮気したことを認めておらず、あなたより有利な立場に立とうと考えていれば、勝手に携帯電話を見た件であなたを訴えるかもしれません。さらに、もしパスワードなどでロックされているものを解除して内容を確認した場合、「不正アクセス」という違法行為に当たります。

パートナーが本当に浮気をしていればこれらの違法行為は「夫婦間の問題」として軽いものに考えられる可能性もありますが、パートナーが浮気をしているわけではなかったり、十分な証拠を集められず浮気を証明できなかった場合にも、あなたにとって非常に不利な点となってしまいます。


パートナーに警戒されたり、関係が悪化する可能性
携帯電話は非常に個人的なものであり、使い方や設定などは持ち主特有のものです。そのため、他人が触れたり、操作したことがわかりやすいという特徴があります。「普段から無用心な人だから」という油断は禁物です。

もしパートナーが「携帯電話をチェックされているかもしれない」と疑うようになれば、あなたに対する警戒心を強めるようになります。携帯電話をロックするのであればわかりやすいですが、十分に用心して履歴やメールを消すようになるかもしれませんし、携帯電話以外のところでも証拠を残さないようになるかもしれません。

また、携帯電話を見たことであなたに腹を立て、関係が悪化したり、そのことを理由に別居や離婚を持ち出されれば、不貞を理由としての離婚が難しくなってしまいます。


携帯電話を見るのは非常にリスクが高いこと
上記のような理由から、「手っ取り早く浮気しているかどうかを知りたい」「浮気相手を特定したい」とパートナーの携帯電話を本人の許可なく見ることは、「十分な証拠にならないかもしれない」「逆に自分が不利な立場になるかもしれない」と、リスクが大きいものだからです。

パートナーの携帯電話に手を伸ばしてしまう前に、ぜひ、別の点で浮気を調査したり、どういった点で浮気の証拠を集めたらよいか探偵、行政書士、弁護士などに相談してみてください。