浮気調査の基礎知識

夫の浮気!でも「1回だけの証拠」では浮気にならないかも!?

2588342742_8634700f43

浮気の証拠について考えて見ましょう。 もしあなたが夫の浮気の証拠を1つでも掴むことができたと仮定します。

さらに、その証拠がかなり確実な証拠であったとしましょう。浮気相手と一緒にホテルに入るところを撮影した写真や、偶然録音できた不倫相手からの電話メッセージから、少なくとも1回は確実に浮気をしていることがわかったとします。

その浮気が長らく続いていたものであるとすれば、さらに今後の夫婦関係について考えなければなりません。

ただし、その証拠からわかるのは「1回だけの浮気」だとします。 この場合、あなたにとって有利な条件で離婚することはできるでしょうか?実は、1回の浮気を証明できる証拠をもって裁判を行ったとしても、「離婚の原因としての浮気」にすることはできない可能性が高くなります。

◆浮気の証拠があり・・・
長期に渡り、何度も不貞行為があったと言える証拠である。

婚姻関係を破綻させる原因となった「不貞行為」と判断される。

あなたに有利な形で離婚できる(高額な慰謝料も請求できる)。

◆浮気の証拠があるが・・・
数回の浮気とも考えられるが、「1回きり」とも考えられる証拠である。(あるいは、数回の浮気があったとわかりにくい証拠である。)

婚姻関係を破綻させる原因となった「不貞行為」とは判断されない/されにくい。

離婚はできるかもしれないが、「不貞行為」が原因ではないため高額な慰謝料は請求できない。

なぜ「1回きりの浮気」とも考えられる証拠では離婚の原因として認められないのでしょうか?詳しく考えてみましょう。

離婚の原因となる「浮気」

【どんな人に探偵の浮気調査が必要?】でもご説明したように、不貞行為があったことをきちんと証明できなければ、浮気を原因に離婚することはできません。浮気以外の原因となれば、パートナーに請求できる慰謝料の金額が減ったり、あなたに有利な形での離婚ができなくなる可能性もあります。また、パートナーの浮気相手に慰謝料を請求することもできません。

ただし、どんな浮気でも離婚の原因になるのかといえば、そうではありません。あくまでも「婚姻関係を破綻させる原因となった」ことが証明されなければならないため、パートナーが「1度きりの浮気だ」といい逃げできる程度の証拠しかなかったり、実際に1度きりの不貞行為である場合には、なかなか「婚姻関係を破綻させる原因」として裁判で認められにくいといえます。

「婚姻を継続しがたい重大な事由」とは

では、1度きりの浮気では離婚できないのでしょうか?その浮気があったために、結婚生活がうまくいかなくなり、結果的に離婚する原因となることもあるかもしれません。この場合には、「婚姻を継続しがたい重大な事由」として認められ、離婚できる可能性は高くなります。なお、婚姻を継続しがたい重大な事由としては、次のようなケースがあります。これらは法律で細かく規定されているわけではなく、かなり幅広い内容で裁判が行われていると考えて下さい。

  1. 性格の不一致性
  2. 性生活の不一致(性的な異常)
  3. 過度な宗教活動がある
  4. 刑事事件により刑務所に服役している
  5. 暴力・暴言・虐待
  6. 浪費・怠惰
  7. 家事・育児に協力しない
  8. 配偶者の両親・親族との不和

 

自分に有利な形で離婚するには

ここまでご説明したように、裁判では「1回の浮気では婚姻関係が破綻するとは考えにくい」ということが大前提とされています。ケースによって大きく異なるものの、もし浮気の証拠があったとしても、「1回の浮気」とみなされる証拠であれば「不貞行為を原因とした離婚」と認められにくく、請求できる慰謝料は少なくなってしまいます。もし長期にわたる浮気であることが隠されたり、証拠をもって証明できなければ、あなたにとって有利な形で離婚することはできません。そのためにも、パートナーが継続的に浮気をしている証拠が必要になります。外出の記録、買い物の記録など、ご自身で調査できることは可能な限り調査し、小さな証拠を積み重ねるようにしましょう。問いただしたり、浮気を疑っていることがばれてしまえば証拠はどんどん集めにくくなってしまいますので、注意が必要です。探偵に調査を依頼する場合にも、1回だけの浮気を証明できる程度では意味がありません。見積もりや報告書などをよく確認し、探偵への依頼が無駄にならないよう、ご自身でしっかりチェックするようにしましょう。どんなことが証拠となるか?どのような情報を集めたらよいのか?ということはこちらのサイトにもどんどん公開していきますが、探偵事務所や調査会社の無料相談を利用するのもおすすめです。

自分でできる「リスクの少ない浮気調査」とは/3

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

下記記事よりお読みください。
自分でできる「リスクの少ない浮気調査」とは/1
自分でできる「リスクの少ない浮気調査」とは/2


* * *


では、実際に自分でできる「リスクの少ない浮気調査」の例を挙げてみましょう。


自宅を留守にしている日時をチェック
地道な作業になりますが、自宅をするにしている日時をチェックし、記録しておくのはその後の浮気調査にも非常に役に立ちます。探偵に依頼することになる場合でも、調査の対象となるパートナー=「ターゲット」の行動パターンを知ることから始まるからです。

次のような項目でメモしましょう。

  • 自宅を留守にしていた日
  • 外出(出勤)時刻、帰宅時刻
  • パートナーが言っていた外出理由(出勤、出張、飲み会、友人と会うなど)
  • 電話が繋がらなかった時刻
  • あなたがメールをし、返信が返ってきた時刻
  • あなた自身が外出し、パートナーがそれを知っていた場合の外出時間帯

また、よく思い出して次のようなこともメモしておいてください。

  • 浮気の疑いを持つ以前の出勤時刻・帰宅時刻
  • 浮気の疑いを持ち始めた時期

「隠されていない」証拠をチェック
浮気が疑われるような怪しいものは、パートナーによって厳重に隠されているかもしれません。しかし、中には「別に怪しいとは思われないだろう」と放置されていたり、見つかればある程度怪しまれるとわかっていても油断してしまう・・・などして、比較的簡単に見つけることのできる浮気の証拠もあります。次のような場所を見てみましょう。

  • スーツやコートなどの衣類のポケット
  • 車のダッシュボードの小物入れ(グローブボックス)の中
  • 寝室や書斎のゴミ箱
  • デスクトップパソコンのキーボードの下

これらのような場所から見つけられる証拠となるものには、次のようなものがあります。

  • レシート、領収証
  • パンフレットや入場券、映画館の半券など
  • 通帳、ATMの出金明細
  • ギフトの箱、ラッピングペーパーやリボン

レシートや領収書、入場券などは、滞在場所や浮気をしていた時間がわかる貴重な証拠となります。あなたに知られないように使っているお金についても調べておきましょう。

貰ったプレゼントの箱、ラッピングに関しては「ごまかしやすい」と思っているため油断して普通に捨てられている場合も多いものです。プレゼントはいろいろな人に貰う可能性がありますし、中には中身さえみられなければ大丈夫だと油断する人もいるからです。

しかし、これにより購入した店舗、プレゼントを贈った相手がパートナーの好みを把握しているような相手なのか・・・などがわかる場合もあります。何を送られたのかがわかれば、それを自分の前でも使っているかどうか、別の場所だけで使っているのかどうか、といったことも浮気を知る手立てとなります。


パソコンをチェック
もしパソコンを共有しており、特にロックなどがされていないようであれば、以下のものをチェックしてみましょう。

  • インターネット履歴
  • ブラウザの「お気に入り」「ブックマーク」

訪問したサイトを履歴から割り出すことで、出会い系サイトを見ている、自分が行ったことのない場所について検索している・・・などのことがわかります。また、お気に入りやブックマークなどで、登録してあるSNS(ソーシャル・ネットワーキング・サービス。mixiやFacebookなど)、場合によっては浮気相手のブログなども発見できることがあります。

履歴を削除している場合もありますが、特に「夫/妻はパソコンに詳しくないから」と油断している場合には、かなり有力な浮気の証拠をつかむことができます。

ただし、パスワードなどを使って勝手にログインするのは犯罪として扱われる可能性が高くなります。登録してあるSNSなどを見つけた場合には、あくまでも第三者としてページを見る程度にしましょう。どのSNSを利用しているかがわかるだけでも調査に役立つことがあります。


小さな調査の積み重ねが重要
ご紹介した調査方法のひとつひとつでは、浮気の決定的な証拠をつかむことはできないかもしれません。しかし、これらの調査を組み合わせることによって見えてくるパートナーの行動があったり、探偵に調査する場合の調査の手間や費用を減らすことができる場合もあります。

あなた自身の「浮気調査ばれ」や「裁判での不利」のリスクを負うことなくできる小さな調査。これらの積み重ねが非常に重要だということを忘れないでくださいね。




自分でできる「リスクの少ない浮気調査」とは/2

3448124767_f3f6d2b507


自分でできるリスクの「少ない浮気調査」とは/1 の後にお読みください。

* * *

相手に「浮気の調査をしている」と思われるリスク、裁判であなたが不利になるリスクの少ない方法で浮気調査をしましょう。
そのために気をつけるべきことをさらに詳しく解説します。

なお、自分で行う浮気調査の初期段階で注意すべきことですので、調査の段階や状況によってはこの通りでないこともあります。お気をつけ下さい。



パートナーの行動範囲では行動しない。
浮気をしているパートナーは、「あなたが普段居ない場所に居る」というだけも警戒します。もし見つかってしまった場合に十分納得して貰える理由がない限り、パートナーの行動範囲で行動するのは控えるようにしましょう。あなたの行動範囲と重なっている場所であれば、不自然にならない範囲で動いても構いませんが同じく注意する必要はあります。

パートナーのみの行動範囲内で、もしどうしても調査に行きたい場所がある場合は、事前に何度か行ったり用事を作ったりして「浮気調査以外の理由」を作る必要があります。

昔からの友達がいることがわかった、最近付き合いのある会社や事務所がある、習い事を増やした、よい病院があるので通うようにした、などもいい理由になります。

さらに、それをパートナーに自然に伝えることができれば、見つかっても不自然ではありません。内緒に行動できなくなってしまうのでは?と思うかもしれませんが、現時点ではまずあなたが信頼されることのほうが重要なのです。

また、伝えることによってパートナーが慌てた様子を見せたり、不自然に質問してきたりしないか・・・と、反応を見ることもできます。パートナーが普段行く場所であるはずなのに行くのを辞めた、などの動きがあれば、さらに重要な手がかりがあるかもしれません。


パートナーによってロックされているものを無理に解除しない。
鍵のついている戸棚、ロックしてある携帯、パソコンなどを無理に解除しないようにしましょう。開放されていない場所・データであるだけに気になりますが、今の段階では無理に見ようとしないでください。かかってきた電話に出るなども禁物です。浮気相手に警戒されてしまいます。

誰からの着信であったかなど、確認できることだけ確認し、日時や時間、登録名などをメモしておきましょう。メモは絶対に見られないようにしてください。

携帯の着信を確認するときも、可能な限り携帯を手に取らないようにしましょう。携帯の位置が変わっていたり、見たことがわかるような状態では疑われてしまいます。パートナーを油断させるためにも、無関心を装うようにしましょう。「着信があったけれど掛けなおさなくて大丈夫?」程度の声かけをして様子を見てみるのはよいかもしれません。

(メールであっても、強いて「着信」と言うようにしましょう。ささいなことですが、パートナーを油断させることができます。)


パートナーの友人や知り合いに接触しない。

パートナーの友人や知り合いからは有益な情報を得られる可能性もありますが、その人々はあなたよりもパートナーの味方であることを忘れないで下さい。協力的であるように見えても、情報はパートナーに筒抜けかもしれません。たまたま話ができることがあっても、浮気については絶対に触れないようにしましょう。もしも浮気でなかった場合、パートナーの評価を下げることにもなりかねません。

ただし、パートナーの友人や知り合いとあなたの共通話題はパートナーその人です。普通に話をするだけでも、普段と違うことや、あなたの知らないことがあるかもしれません。あくまでも「パートナーもあなたと友人が話したことを知っている」前提で、話せること、聞けることを聞いてみるのもひとつの方法です。緊張してしまう、どうしても平静を装うことができない、という人には不向きです。


では、実際にどんな調査ができるのが、具体的に考えてみましょう。
自分でできる「リスクの少ない浮気調査とは/3をご参照ください。



自分でできる「リスクの少ない浮気調査」とは/1

5262617521_ddcb7908ce


「浮気調査とは?1分でわかる基礎知識」でもご説明したように、最初に浮気調査を始めるのは、他でもなくあなた自身です。
では、自分でできる浮気調査について詳しく考えてみましょう。


リスクの低い調査から始める
まだ浮気をしているかどうか確定はできない、という段階です。自分自身の中で絶対にそうだと思っていても、雰囲気やしぐさの変化だけでは確定と言えません。それを他人に説明したときに、「浮気ではない可能性もあるのでは?」というポイントが必ずあります。

あなたが行うべき浮気調査の初期の目的は、「浮気ではない可能性もあるのでは?」というポイントを少しずつ減らしていくことだと考えてください。
時間の節約のためにも、気持ちの安定のためにも「決定的な証拠がすぐに欲しい」と思うかもしれません。しかし、それを得るにはあなたにとってのリスクも高くなってしまいます。

「浮気をしていると疑っている」ということがパートナーにばれてしまうのは、後々あなたにとって不利なことになるのです。もしも浮気でなかった場合、ふたりの関係は悪化してしまうかもしれません。また、もし浮気をしていても、パートナーは警戒心を強めたり、さらに証拠となるものを残さないよう慎重になるでしょう。


「リスクが少ない浮気調査」とは?
では、実際にリスクが少ない調査とはどういったものでしょうか?

基本的には、「あなたが浮気調査を行っていることがわからないようにする/わかりにくい調査を選ぶ」ということを守りながら行動すれば間違いありません。

例えば「尾行」は決定的な情報を得られる可能性が大変高い手段ですが、尾行されていることがわかれば「浮気調査されている」と一発で判断されてしまいます。ハイリターンではありますが、ハイリスクでもあるのです。

調査の段階により異なりますが、あなたひとりで調査を行っている間は次のようなことを守って調査するようにしましょう。

  • 普段の自分の行動範囲を大きく越えないようにする。(超えないように見せる。)
  • 初期の段階で、自分以外の人に情報を漏らしてはいけない。
  • パソコンや携帯を使った際には、関係する履歴を削除するようにする。

パソコンでインターネットを使った場合には、検索したワードや閲覧したサイトのURLなど、過去の履歴はすべて削除するようにします。

ただし、パートナーが「夫/妻に浮気を疑われているかも?」と思っている場合、パソコンでどんなことを調べているかも確認している場合があり、すべて削除してあると逆に不自然に思われるかもしれません。削除した後、関係のないことを検索したり、関係のないサイトを訪れた履歴は残しておきましょう。


では、自分でできる「リスクの少ない浮気調査」とは/2において、さらに詳しくご説明したいと思います。


どんな人に探偵の浮気調査が必要?

430591796_ca770ddb4f


パートナーが浮気をしているかもしれないという疑惑が沸いても、すべての人にとって探偵による本格的な浮気調査が必要になるわけではありません。

なぜならば、浮気調査の目的は、ただ「パートナーが浮気をしていること」を明らかにするだけではないからです。明らかにした後、浮気調査による証拠が役立つ場面があります。では、どんな目的のために/どのような人に浮気調査が必要だといえるのでしょうか。


浮気を理由に離婚するため
浮気を原因に離婚するためには、「不貞行為があった」ことの証拠をしっかりと提出しなければなりません。

【不貞行為とは】
夫婦間の浮気などを指す法律用語です。 ただし、あくまでも性交渉があった場合を指します。不貞行為は民法770条により、離婚の理由として認められています。

詐欺などによる離婚の可能性もあり、裁判所は不貞による離婚の証拠を厳しく判断するようになっています。


自分に有利な形で離婚を進めるため
もし、「不貞による離婚」が認められない場合にも、別の理由によって離婚することはできます。これも、同じく民法770条に規定されている離婚事由です。ただし、この原因で離婚する場合、不貞行為による離婚に慰比べると請求できる謝料の額は非常に少なくなります。

子供がいる場合には親権や養育費についても考えなければなりませんが、やはり不貞を理由とした離婚より不利になる傾向があります。

これらの問題を自分に有利なものにするためにも、浮気が原因の離婚であるならば、それをはっきりと裁判所にも認めてもらえるよう努力しなければなりません。


浮気相手に慰謝料を請求するため
浮気相手に慰謝料を請求するためにも、不貞行為があった証明が必要になります。浮気相手の住所、連絡先もわかっていなければなりませんが、そのためにもまず「浮気があったことをパートナーと浮気相手に認めさせる」ことが重要です。


浮気を証明できた後にどうするかが問題
探偵の浮気調査を必要とするのは、

  • 浮気を証明した後、離婚を見据えているケース
  • 離婚しなくとも浮気相手を訴え、慰謝料を請求するケース

と考えられます。離婚は法的な手段を経て成立するものですから、その分「法的にも価値がある証拠」が必要になります。

探偵に浮気調査を依頼するには、それなりの費用がかかります。費用をかけるだけの価値ある将来を目指せるかどうかということについても、十分に考えてみてください。







浮気調査とは?1分でわかる基礎知識

3590329356_e7c75b5d01

「浮気調査」とは一体どういったものでしょうか。

このサイトでは探偵による浮気調査について説明していますが、まずは広義の意味での浮気調査について考えてみましょう。


「浮気の疑惑」から「浮気調査」へ
パートナーが浮気をしているかもしれない。そんな疑惑から浮気の調査は始まります。

「浮気しているかも?」と疑問に思ったのは、どんなきっかけでしょうか?雰囲気や態度、あるいは服装の変化かもしれません。自宅を留守にする時間が増えたからかもしれません。

しかし、このような疑惑の元となる事柄は、浮気をしている証拠にはなりません。あなただからこそわかるだけで、浮気以外の理由からそのような変化があることもありうるのです。非常に怪しくはあっても、第三者にもわかる「浮気の証拠」がなければ、パートナーが浮気をしているとは言い切れないのです。

そこで、疑惑を確かな形にするため必要になるのが「浮気調査」です。


「浮気調査」の目的
浮気調査の目的は、疑惑を裏付ける証拠を手にいれるために行います。浮気調査というと、「浮気相手と入ったホテルのマッチ」や「浮気現場の写真」など、物的なものを発見するもののように思うかもしれません。

もちろん、それらは有力な手がかりであり、わかりやすい証拠となりますが、これらを簡単に手に入れられるのであれば浮気調査は必要ないかもしれません。可能な限り第三者を挟み、今後どうするかを話し合うことを考えたほうがよいでしょう。

浮気調査が必要なのは、本当に浮気をしているのか、その証拠がなかなかつかめない場合です。なかなか暴けない浮気を暴くことこそ、浮気調査のまず最初の目的と言えるでしょう。


最初の浮気調査をするのはあなた自身
どんなに費用をかけてもよいならば、浮気の調査を他人に任せることもできます。しかし、実際費用の問題は依頼者に大きくのしかかります。まずは、ご自身で可能な限りの「浮気調査」をするべきでしょう。

【自分自身で浮気調査をする目的】
・探偵に依頼する可能性があっても、できるだけ費用をかけないようにするため。
・安易に他人に任せ、無駄な探偵依頼となることを防ぐため。
(思い違いの可能性もあるからです。)
・パートナーと自分自身を客観的に見つめ、今後の生活について考えるため。

具体的にどのような調査を行うべきかについては、【自分でできる「リスクの少ない浮気調査」とは】にてご説明します。「携帯を見る」など無理なことはなく、「現時点で確認できることを整理する=証拠を見つけ出しやすくする」のが目的です。ぜひ参考にしてください。