無料相談

浮気の無料相談を上手に利用する3つの方法【3】

5086748732_9072b96422

*こちらの記事を先にお読みください。

浮気の無料相談を上手に利用する3つの方法【1】
:まとめておくべき内容について。確認すべきことが明確になります。

浮気の無料相談を上手に利用する3つの方法【2】
:浮気調査にかける費用を減らすことができます。

無料相談では、浮気や浮気調査の費用について相談できるだけでなく、もうひとつ重要なポイントについても確認することができます。 「浮気の無料相談を上手に利用する3つの方法」、最後の1つをご説明します。


どんな探偵事務所であるかを確かめる
無料相談で直接的なやり取りを行うと、ホームページだけではわからない「雰囲気」をつかむことができます。これが無料相談を利用して確認して欲しい最後の重要な点です。「無料だから適当」というのでは問題外です。 無料だからこそどれほどの対応をしてくれるのか、しっかり確認しましょう。


1.相談員が十分な知識を持っているか

相談員やカウンセラー、窓口担当者は、初めて接する顧客の相手をする人であり、その探偵事務所や興信所の看板のような役割を果たします。質問に答えられるだけの知識も十分でなけれなならず、あまりにも「確認しますのでお待ちください」「別の者に変わりますのでお待ちください」ということが繰り返されるのであれば、その探偵事務所や興信所の内部でしっかりと知識の共有ができていないということになります。

ひとつの事務所にひとりだけよい探偵がいるのでは、十分な浮気調査はできません。スタッフ内で知識を共有し、役割別に十分教育されていなければ、解決できる依頼はぐっと減ってしまうでしょう。


2.聞き手として十分な対応であるか

探偵事務所や興信所の特徴やサービスについて十分に説明できるのが大前提としても、あなたの話を聞かず押し付けばかりの話をするところは、本契約に至ってもやはり同じように事務所側の意見を押し付けてばかりいる可能性があります。

あなたの話を丁寧に聞き、いろいろな情報を得ようとする態度であるかどうかも意識して話してみましょう。メディアにもよく登場している、どれくらいの実績がある、ということは、「宣伝・売り込み」であって「相談」ではありません。


3.調査費用の説明をしない

もし調査を依頼することになった場合、どれほどの調査費用になるかというのは、誰もが確認したいことです。あなたから得た情報から、相談員はだいたいの金額を提示するべきなのですが、「これだけではわからない」「まずは事務所に来て欲しい」と費用についての言及を避ける探偵事務所はまず避けたほうがよいでしょう。

しかし、金額は言うものの詳細を言わず、「そのケースでは100万円かかります」など、最終的な金額ばかりを強調する探偵事務所もやはり違和感があります。日数、時間、調査員の数、その他の経費、同じようなケースでの費用例など、見積もりの詳細に触れる説明が重要です。


「無料相談」で探偵事務所の比較をしよう
無料相談は必ず複数の探偵事務所、興信所のものを利用するようにしましょう。1ヶ所だけでは比較することができないためです。できれば3社ほどの無料相談を利用し、自分の依頼がどのように受け止められるか、金額はどれほどになると考えられるのかを比べた上で、納得のいく探偵事務所、興信所を選ぶようにしましょう。

インターネットなどでも情報を集めることはできますが、最も有力な情報とは「自分で体験して確認した情報」なのです。相談してみた後で、少しでもあなたの悩みが軽くなったかどうか、解決策に近づけたかどうか・・・など、じっくり考えてみて下さいね。













浮気の無料相談を上手に利用する3つの方法【2】

4625408407_c2f81c9749

まずは「浮気の無料相談を上手に利用する3つの方法【1】」をお読みください。

【1】に引き続き、探偵事務所や興信所で受けることができる「無料相談」の上手な使い方をご説明します。「無料なのだから、どんなことをしても損をすることはない」というのもひとつの考え方ですが、相談によって考え方が変わったり、今後どう対応していけばよいかが明確になれば無料以上の価値があります。

浮気の無料相談を上手に利用する3つの方法【1】では、あなたからたくさんの情報を整理した状態で伝え、効率的に相談し、
「ただ気持ちの面での不安や不平を訴えるだけで終わりにしない」
ということをお伝えしました。

浮気の無料相談を上手に利用する3つの方法【2】では、本契約した際にかかる費用について相談することについて考えてみましょう。


どうすれば調査費用を安く抑えられるかを聞く
調査費用の内訳は、基本料金、交通費などの経費、調査員の人数や時間に応じた人件費などです。また、基本料金といっても業界に共通した金額があるわけではなく、どこまでが基本料金に含まれるかも探偵社や興信所によってさまざまです。

相談員(あなたの相談を受けてくれる人)やカウンセラーには、確実な調査をしたいが費用は抑えたいという点をしっかり伝えましょう。
まずは、現状伝えた内容で調査をしたら費用はどれほどかかるのかを確認してください。それから、どうすれば調査費用を安く抑えられるかを尋ねます。

一般的な回答として考えられるのは、「調査の日数や時間を減らすこと」だと考えられます。
では、どうすれば調査の日数や時間を減らすことができるのでしょうか?

探偵や興信所に調査を任せた分だけ費用がかかります。具体的に言えば、夫や妻の浮気相手がまったくわからない段階から調査を依頼すれば、まずは誰が浮気相手だと考えられるのかという調査から始まります。まずは行動範囲内のすべてを調査対象にしなければならないわけで、その分調査の日数も人件費も増えてしまうのです。

逆に、夫や妻の浮気相手にめぼしがついている場合、例えば「同じ会社の同僚である」とわかっていれば、調査は会社帰りや(自称)出張中などに的を絞ることができ、調査の日数や時間を減らすことができるのです。

あなたの現状をしっかりと伝えた後であれば、調査員は「あなたの場合の費用の減らし方、そのために何をすべきか」を教えてくれるはずです。
浮気相手がわかっているのであれば、どんな場所で会っているのかわかるようなもの(レシートやパソコンで調べた履歴など)がわかればよいでしょう。まったくよくわからない段階であれば、まず取るべき具体的なアクションを指示してくれるでしょう。


「費用の減らし方」を教えてくれるのが誠意のある探偵
探偵事務所も興信所も利益を求めています。できるだけ多く支払って欲しいというのが本音ではあるのですが、そこで既にご説明したような「費用の減らし方」を教えてくれるのは、顧客との信頼関係をきちんと築こうと努力している、誠意のある探偵です。

探偵事務所のホームページなどに「すべてお任せください」といった意味のコピーがよく使われていますが、実際に調査や料金のお話になったとき、「すべてお任せください」というスタンスの探偵はおすすめできません。
お金をかけてよければ、誰もがすべてを任せたいはずです。

しかし、実際のところ費用の負担というのは依頼者たちにとって大きな問題となります。そのことを依頼者の立場に立ってしっかりと考え、プロの探偵だからこそできることはできることは提供し、自分でできることは自分でやっていただく、という「一緒に浮気調査を進めていく」というスタンスの探偵社・興信所がおすすめかと思います。

実際、配偶者と同居している家の中でのことは、探偵よりもあなたのほうがよくわかっているわけですし、調べやすい状況にあります。やみくもに探偵に入ってやってもらうよりも、あなたができることをあなたがやったほうが早く解決する、ということを頭において相談してみてください。


さいごに
費用をできるだけかけないために無料相談を利用する、ということについてご説明しました。

考えていただきたいのは、探偵が教えてくれる費用の減らし方とは、「次にあなたができること」そのものであり、「探偵に依頼しなくても自分でできることがまだある」ということです。うまくいけば、探偵に依頼しなくとも、ご自身だけでぐっと解決に近づくことができるかもしれません。

無料相談という「その探偵に違和感を感じたら簡単に離れられる段階」だからこそ、ここまで踏み込んでいただければと思います。


* * *

浮気の無料相談を上手に利用する3つの方法【3】に続きます。




浮気の無料相談を上手に利用する3つの方法【1】

349134443_826f31a7e0

多くの探偵事務所、興信所には、「無料相談」というサービスがあります。無料相談とは言葉の通りですが、もう少し詳しく説明すると次のような特徴があります。

  • 1度目の相談については無料である(それ以降は探偵事務所によって異なる)。
  • メール、電話、面談での対応となる。
  • 探偵を依頼した場合の費用や方法などについても相談できる。
  • 今の状況を打破するにはどうしたらいいか?といった具体的なことも相談できる。
  • 「カウンセリング」という名前である場合もある。

ひとりで考えていてもまとまらず、とにかく誰かに相談したい!という勢いで電話するのも、気持ちを整頓するためにはよいかもしれません。ただし、そこで一呼吸置いて次のようなポイントを押さえて無料相談を利用すると、無料を無料以上に価値のある時間にすることができます。

場合によっては、探偵を利用したいと考えていたのに、利用するまでもなく自分で浮気問題を解決できるかもしれません。また、解決までいかなくとも、違う道筋が見えてくるかもしれません。あまりお金をかけずに探偵に依頼することができるチャンスとなるかもしれません。

では、ご一読ください。


状況をしっかりメモして話す内容をまとめておく

電話や面談の時、相談員(あなたが相談する相手)が上手にお話を引き出してくれますが、ある程度「現在どういった状況なのか?」を書き出してまとめておくと、かなり時間が節約できる上、相談員もどの部分を重点的にお話するべきかを見極めやすくなり、実のある相談となります。

話していると、つらかったことや悲しかったことなど「気持ち」が全面に出てしまい、証拠に繋がる重要なことを言い逃してしまう可能性がありますので、ぜひノートやデータでこれまでの経緯をまとめたものを準備しておきましょう。


相談の前に整理する内容
では、次のような内容をまとめて書き出しておきましょう。なお、メールでの場合も同じです。このような情報が事前にあることで、相談員も答えやすくなります。


【あなたについて】
  1. いつごろ夫/妻が浮気しているかもしれないと疑い始めたのか。
  2. それまでの夫婦関係はどのような状態だったのか。
  3. あなたが浮気を疑っているかもしれないことを、夫/妻は知っているのか。
  4. 浮気を問いただしたことはあるか。
  5. 夫/妻とは同居しているか、別居しているか。

【夫の変化】
  1. どういった行動が見られるようになったのか。
  2. 証拠となりえるものにはどんなものがあるか(レシート、ホテルのマッチなど)。
  3. 最近の外出の傾向。
  4. 最近の服装の変化。
  5. 夫/妻の携帯電話に対する注意の変化(ロックをかけはじめたなど)。

【浮気の状況】
  1. 浮気相手に目安はついているか(職場の人、サークルの人など)。
  2. 浮気相手があなたにコンタクトをとってきたことはあるか。
  3. 浮気相手の姿や車などを見かけたことはあるか。
  4. これまでの交友関係の中で浮気相手かもしれないと思ったことはあるか。
  5. 無言電話などが増えていないか。
  6. 夫/妻に過去の浮気歴はあるか。

【今後の希望】
  1. あなたは離婚を望んでいるか。
  2. 夫/妻は離婚を望んでいるか。
  3. 親権や慰謝料についてはどのように考えているか。

他にも思いついたことがあれば書き出しておきましょう。
なお、これらの情報を書いたノートは厳重に保管するようにしてください。データの場合もパソコンに入れたままにするのではなくメモリに入れてしっかりと管理するようにしましょう。決して配偶者の目に付かないようにしてください。


さいごに
最終的に探偵に依頼しないことになっても、無料相談を利用することはできます。
このコンテンツでは無料相談の際できるだけたくさんの情報を伝えるようおすすめしてありますが、「とりあえずはどんな感じか知りたい」というだけでもいいのです。いろいろな探偵事務所、興信所がありますので、時間が許す限り多くの無料相談を利用してみましょう。

なお、事務所での面談を希望する場合には、あらかじめメールなどでこのような情報を送っておくと話が早くなります。面談も限られた時間の中で行われることになりますので、情報はしっかりと整理してまとめておきましょう。

電話相談の場合、多くはフリーダイヤルですが、「相談は無料でも通話料金はかかります」というところもたくさんあります。最初はフリーダイヤルがあるところから試すか、メールでやりとりするようにしましょう。通話料金をかける価値があるとわかった時点で電話をしてみてください。



浮気の無料相談を上手に利用する3つの方法【2】に続きます。


探偵に浮気相談だけでもできる?

463826385_6b02e19605


探偵といえば、浮気調査のプロフェッショナル。もし夫や妻が浮気をしている疑いがあれば、探偵に相談してみることをおすすめします。

依頼する前提で相談しなければならないのでは?」とお考えかもしれません。
しかし、事前の無料相談だけである程度のことがわかれば、あとは探偵に依頼するまでもなく、ご自身だけで解決できる場合もあります。 

探偵への相談とはどういったものかをご説明します。


探偵事務所が行っている「無料相談」
探偵事務所では、契約のお話をする前に行うサービスとして「無料相談窓口」を設置しているところが殆どです。小さな探偵事務所には「窓口」までは設置されていないかもしれませんが、「契約するかどうかはわからないが、相談を受けて貰えるかどうか」を問い合わせてみてください。

探偵事務所も「自分の事務所で請け負うことができる内容かどうか」を知りたいと考えているはずです。また、ここでの対応で信頼できる良い探偵事務所かどうかを見極めることもできますので、まずは勇気を持って問い合わせしてみましょう。

対応を知るには電話が一番ですが、メールでもある程度のことがわかります。いきなり電話は難しい、という方は、メールを送ってみましょう。ホームページに無料相談問い合わせフォームがある探偵事務所もあります。


「契約」のためだけの無料相談ではない
問い合わせする際には、「契約するかどうかはまだわからない」という立場をしっかり守りましょう。もちろん、そのことをしっかりと言葉にして伝えることが重要です。

「それでも構わない、とにかくお話を聞かせてほしい」という探偵事務所であれば、まず最初のチェックポイントはクリアです。

契約することが前提でなければ無料相談を受けられない・・・というのであれば、それはもう「無料」ではありません。また、どんな調査を行うかなどの内容も説明せずに契約させるような探偵事務所には大きな問題があります。こちらが困っているということにつけこんで商売をしてくるような探偵事務所はまず避けましょう。

では、探偵の立場に立ったとき、無料相談はまったくのボランティアになってしまうかというと、そうではないのです。

小さな相談をたくさん受け、それぞれに真摯な対応をすることで「信頼」というお金では買えない価値を手に入れることができます。相談した人は今回は契約しなくとも、将来的に契約をすることになるかもしれません。また、別の人に「信頼できる探偵事務所だった」と紹介をするかもしれません。


あなたにも探偵に相談する権利がある
将来のクライアント(顧客)獲得に繋がる「無料相談」。ですから、探偵事務所はどんな広告・宣伝よりも大切に考えるべきなのです。
そう考えれば、私たちの誰もが無料相談を利用する権利があります

「正式な依頼、契約まではしないかもしれない」と思っても、まずは相談してみましょう。






探偵事務所の無料相談、その効果をご存知ですか?

フリー 女性 階段
探偵事務所には、依頼をする前の“無料相談”(電話・メール可)が存在するということはお話させて頂きましたが、実際に無料相談をすることでどのような効果が生まれるのでしょうか?


客観的で的確な意見が聴ける
パートナーが浮気しているかも…と思ったときに、皆さんはどなたに相談をしますか?1番多いのは友人です。実際に、無料相談にいらっしゃるお客様の中にも、相談前に友人に話したという方はとても多いです。ですが、決まって皆さんおっしゃいます。


「絶対、浮気だよ!と言われて、不安になって相談にきました…」


先日、テレビで心理学の先生が「男性が集まるとプラスになるような前向きな話をするが、女性が集まるとマイナスな話をする傾向がある」ということをおっしゃっていましたが、その通りだと思います。
「パートナーが怪しい…」という話をすると、「絶対、浮気だよ!」となるのは、もはやお決まりの展開。よくレストランで食事をしていると、よく耳にする話題の1つですよね。それによって不安になり、浮気の傾向や証拠も全くない状態で、相談にいらっしゃるお客様が多くいらっしゃいます。


全てが誤解というわけでは、もちろんありません。 ですが、今まで調査員から聴く話ですと、半分以上が客観的に見て浮気ではないという事実があります。なぜ浮気と疑ったのかわからないというようなこともあると言っておりました。こういう場合は、調査員の長年の経験から、きちんと事例や理由を説明し、良き恋愛の相談相手となってくれます。


お客様が取り越し苦労にならないようにするために、私達は何か1つでも浮気の証拠(行動で明らかにおかしいと思うようなことがあれば、それだけでも構いません)をお持ち頂くことを呼びかけています。ただ友人から「浮気だよ」と言われ、何も根拠もないのに疑心暗鬼になってしまうと、あなたとパートナーとの信頼関係を壊しかねません。一度、壊れてしまってなかなか元には戻らないものです。


最後に
そんな辛い生活に陥るのを防ぐために、相談員が存在するんです。相談員は冷静に、客観的に、今までの事例を交えながら、あなたの相談にのってくれ、白黒ハッキリと判断をしてくれます。パートナーのことを疑い続けるような生活になるくらいなら、無料相談をしてみるのもいいかもしれませんね。



いま人気、探偵事務所の無料相談

フリー ピンク 花
探偵事務所に浮気調査を依頼しようと考えた時に、ホームページやチラシを見て決めようとされると思いますが、「無料相談」という文字をよく目にしませんか?果たしてどういうものなのか。初めての方のために、ゆっくりとお話していきたいと思います。


1.無料相談を活用しないと損!?
ホームページなどに書いてある無料相談。ほとんどの探偵事務所が取り入れていますが、どのような手順なのでしょうか。

まずは、名前(匿名、ペンネーム可のところもあります)・電話番号・住んでいる地域・メールアドレス・相談内容を書いて頂きます。 
相談内容と言っても、詳しく書かなければならないというわけではありません。気持ちの整理がつかなかったり、現状を詳しく把握できてない方もいらっしゃると思うので
  • 誰を調査して欲しいのか
  • 何か怪しい行動があるのか
  • いつ気付いたのか
この3つを書いてください。 

もう一つ書かなければいけないのは、折り返しの連絡がつく時間帯です。
パートナーに内緒で探偵事務所に無料相談をする方がほとんどなので、あなたの都合の良い時間に連絡をくれます。そのときに、もっと詳しいところまで話してみてください。

無料相談をしたからといって、必ず浮気調査を依頼しなくてはいけないという決まりはありません。実際に、パートナーが浮気をしているかどうか、プロの目から見て欲しいと相談だけされる方々は多くいらっしゃいます。それで構わないんです。ですので、無料相談を存分に活用してください。


2.相談相手は経験豊富な相談員
でも、相談相手がどんな人かも気になりますよね。

優良な探偵事務所ならば、専属の相談員がいます。何年も探偵事務所に勤務して、無料相談を受けてこられたプロの方が在籍しているんです。
ただの相談員というわけではなく、長年の経験から離婚についてや、調査についての知識も持っている方が多いので、今後のことも安心して相談できます。

もちろん、相談員と話してみて、他の人がいいと思ったら変えて頂けるので、気兼ねすることもありません。

どんな些細なことでもいいので、話してみるといいと思います。きっと力になってくださいますよ。