浮気調査

「格安の浮気調査」が危険な3つの理由

6848823919_724f516a05

浮気調査を探偵に依頼する・・・ということは、いまやよく知られたことであり、ニーズも増えています。多くのニーズがある分、探偵業者も増えてきました。中には「格安で浮気調査できる!」を謳い文句にしている探偵や興信所、調査会社もあります。利用者ができるだけ費用を押えたいと思うのは当然ですから、このようなコピーでお客様をひきつけようと考えるのは当然のことかもしれません。

しかし、本当の意味で「格安」かどうかは、利用者がしっかりと確認しなければなりません。すべてのことに言えることですが、格安であっても中身がないものであれば1円でも支払う価値はないのです。どの部分で努力をし、格安を実現しているのかを見極めなければなりません。

ここでは、「格安の浮気調査」に潜む3つの危険についてご説明します。


本当に格安ではきちんとした調査ができない当然のことですが、浮気調査には人を使います。安い人件費で高い品質の調査ができるかといえば難しいものです。経験のある探偵や調査員には、それなりの報酬が支払われて当然であり、人件費が安いということは経験の浅い調査員ばかりを使っている可能性があります。

格安の浮気調査ができるという探偵事務所や興信所には、「なぜ安いのか」ということまで踏み込んでの詳細を聞いてみましょう。

  • 依頼者からのヒアリングをとことん丁寧に行い、調査時間を節約するから
  • 一定の案件に内容を特化しているから
などの理由がきちんとあるはずです。「調査のプロが多い」「大手だから」といった表面的な内容がでてくるようでは、あまり信頼できないかもしれません。また、「メディアへの露出が多い」というのもいまいち信頼できません。テレビではいくらでも演出ができるからです。

なお、「一律〇円」といった料金システムのところもあります。このようなところは、本来その金額ではない(もっと安く済む)浮気調査であっても、同じように〇円を徴収する・・・という料金システムであると言えます。自分にとって得になるのか、損になるのかをよく考えて利用すべきでしょう。


「1時間あたり」「1日あたり」などの単位が違うだけかも探偵事務所や興信所の料金システム(料金体系)はさまざまなもので、基本料金に何が含まれるかもよく吟味してみる必要があります。格安の浮気調査を謳っている探偵事務所は、部分的な料金を強調しているだけかもしれません。

よく見てみれば、「調査員一人あたり」「1時間あたり」などといった単位で安く見せているだけかもしれないのです。その代わり基本料金がひどく高い、交通費や備品代などいろいろな料金を取られる・・・ということもありえます。あくまでもトータルの金額で比較するようにしましょう。

また、浮気調査は長引く可能性が高いものです。ある程度の日数(1週間から1ヶ月)かかることも前提に考えてみてください。この日数の設定についても、見積もりの段階であまりにも短期間に解決できるような話ばかりするのであれば注意が必要です。料金が増えてしまうかも?という不安から気を反らすためのものかもしれませんので、「長期になる場合の料金」についても確認するようにしましょう。


成功報酬でなければ格安でも意味がない「成功報酬」とは、調査が成功した段階で報酬を支払うことです。料金が「後払い」であることで、納得の行かない調査に無駄なお金を支払う必要がなくなります。もし格安の浮気調査であっても、「調査の内容がどうあれ報酬は支払わなければならない」というのであれば意味がありません。格安だから成功報酬ではないというのは、調査の質が低いことを自ら説明しているようなものです。

また、成功報酬制には「着手金+成功報酬」と、「完全成功報酬」があります。完全成功報酬は事前にまったく支払いの必要がないシステムですが、完全ではない場合、事前に着手金や一定の必要経費を支払う必要があります。この場合、着手金は返金されない可能性が高くなります。着手金の返金についても、事前にしっかり確認するようにしましょう。


格安でもよい探偵事務所はあるか?格安でもきちんとした浮気調査を行ってくれるよい探偵事務所はあるのでしょうか?基本的に調査員の人件費は高めに設定されているので、良心的な探偵事務所や興信所であれば、ある程度安価な報酬で調査することも可能です。

見積もりをよく見て、備品費や交通費を「一般的な価格に近い価格で設定している」ところも良心的であるといえましょう。中にはDVD1枚に数千円の金額設定をしているところもあります。細かなところで水増ししないのが、信じられる探偵事務所です。

ご自身の目を養うためにも、いろいろな探偵事務所で見積もりを取ってもらうことが重要です。時間と手間はかかりますが、依頼する探偵事務所を十分に吟味することで、自分の財産を守れるのだということを忘れないようにしましょう。


探偵の浮気現場写真はここが違う!3つのポイント

182641756_094e20520f

探偵に依頼される(とはいえ、浮気調査の中のひとつとしてということですが)ことが多く、浮気証拠として最も有力なものになり得るのが「浮気現場写真」です。とはいえ、最近は一般の方でもかなりよいカメラを持っていますし、上手に撮影される方もいます。探偵の浮気現場写真といっても、ある程度浮気をしている場所が限定されれば普通の人が撮影するのと同じでは?とお考えの方おいらっしゃるかもしれません。

しかし、当然ながらやはり全然違うのです。浮気証拠写真というからには、きっちりポイントを押さえておかなければ証拠として成り立たないのです。そこで、本日は普通の写真と比べて探偵の浮気現場写真のどこがどう違うのか、ということをご紹介したいと思います。

1.浮気をしているとみなされる場所で撮影しなければ意味がない

当然のことですが、我々探偵は部屋の中にカメラを仕込むなどの違法行為は決して致しません。そのため、不貞行為そのものがあったことを証明したいからといって不貞行為の真っ最中を撮影することはできません。これは当然のことなのですが、中には探偵ならそれくらいのことをするのではと考えている方もいます。探偵はあくまでも法を犯さずにみなさまのお役に立つものです。

デパートやレストランで、調査すべきターゲットと浮気相手が一緒にいるところを撮影してもそれは「不貞行為の証明」にはならず、浮気現場写真としてもあまり意味がないものになります。浮気を理由に離婚するには、「配偶者と浮気相手との間に不貞行為があったこと」の証明が必要なのです。(詳しくは「夫の浮気!でも「1回だけの証拠」では浮気にならないかも!?」などの記事を参考にしてください。)

一ヶ所、「ここでふたりが一緒にいれば不貞行為があったとみなすことができる」という場所があります。それはラブホテルやシティホテルなどの入り口です。それらの場所が不貞行為を行う場所と考えられているためです。ちなみに、自宅や浮気相手の自宅は「不貞好意に及ぶ場所」と見なされておらず、一緒に家の中に入る様子を撮影できたとしても有力な証拠にはなりません。

(なお、場所が違ってもキスをしていたり、抱き合っていたりすればよいのでは・・・と思われるかもしれませんが、それも「不貞行為」の証明にはなりません。ただし、「婚姻関係を継続するにあたって耐え難い理由」などには適用されると考えられます。)

ラブホテルやシティホテルの前に張り込むとなるとやはり探偵の技が必要です。何日も、何時間も、カメラを持って潜んでいるわけにいはいきません。いつごろ来るのか?どんなタイミングか?そういったことすべてを考え、時間と労力の無駄なく浮気現場写真を撮影することができるのは、やはり探偵ならではだと思います。

2.配偶者だとわかる写真でなければ意味がない

せっかくラブホテルやシティホテルの前で浮気現場写真が撮影できても、撮影した写真でターゲットである配偶者の顔が確認できなければ意味がありません。綺麗に美しく撮影されている必要はありませんが、配偶者だと誰が見てもわかる、ある程度明確に容貌がわかる写真が求められます。もちろん、「どのホテルなのか、どの場所なのか」という特徴も捉えた画でなければなりません。

ラブホテルに入る時間帯というのは、どうしても夕方以降から深夜が多くなります。出てくる頃を見計らって夜明けになることもあり、写真を撮影するには十分な明るさがないことが殆どです。また、それなりに距離を持って撮影しなければターゲットに見つかってしまいますので、遠くからの撮影であるという厳しい条件もついてきます。人ごみからの撮影、物陰からの撮影ということも多く、「顔がわかる浮気現場写真」を撮影するのはなかなか難しいことなのです。

これについては浮気現場写真を撮影する上でのコツもありますが、やはり暗闇、遠方に対応したカメラなども必要になります。となれば、カメラも目立ってしまいますので、このあたりはシーンによって使い分けが必要になります。最近はズームに強いビデオカメラも多く、探偵の調査にも活躍しています。

3.1度の不貞行為では意味がない

浮気を理由に離婚する場合、1度限りの不貞行為が認められてもあまり意味がありません。継続して不貞行為が行われていたことの証明が必要です。そのためには浮気現場写真が別の日のものも必要になります。他の証拠との兼ね合いもありますが、少なくとも2、3回の証拠が必要になる・・・ということは珍しくありません。

浮気がばれることを警戒して浮気相手と会うホテルを変えていたり、出張を理由にしていて本当に出張先で会っているという場合もあり、同じ場所で待っていればよいというものでもありません。これもまた探偵なりの想定や判断力が必要となるのです。

さいごに このように、浮気現場写真を撮影するとなるといろいろなポイントを押さえなくてはならず、一般の方が撮影するにはなかなか難しいものだと思われます。撮影する側のリスクもたくさんあります。しかし、やはり浮気現場写真は説得力のある証拠であり、大変な威力を持っています。現状を早く打破したい、一歩でも前に進みたい、という方の強い味方となる浮気証拠写真。ここは、プロに任せて欲しいと思います。